スマートフォン版へ

【川田将雅×吉田隼人×藤岡佑介】同期対談(3)『外国人騎手の流れに歯止めをかけたい日本人騎手のプライド』

  • 2018年12月26日(水) 18時02分
with 佑

▲プチ同期会の最終回、外国人騎手の席巻に日本人騎手としてどう立ち向かうべきか


川田将雅騎手と吉田隼人騎手をゲストにお迎えしての「競馬学校20期生」プチ同期会も、今回が最終回。この秋特に目立った外国人騎手の活躍に、日本人騎手としてどう立ち向かうかを真剣に話し合う3人。川田騎手は「(日本人騎手で)一緒に立ち向かっていける構図を」と訴えかけます。「昔も今ももがいてる」という隼人騎手に、ふたりが送った熱い熱いエールとは。

(取材・文=不破由妃子)


※次回の更新につきまして。1/2(水)は休載させていただき、1/9(水)に再開させていただきます。

GIをもう一度勝ちたいと思うなら、本場へ


佑介 この『with 佑』が始まったのが2016年4月で、初回のゲストが将雅。そのときに、「トップを狙える位置にいるのに、あきらめてしまっているように見える」というような話をしたけど、その頃と比べて、最近の将雅はギラギラした感じが戻ってきたよね。

川田 そうかもしれない。この秋のGIも、チャンスのある馬に乗せていただく機会が多かったので、何とかしなければ…と思って外国人ジョッキーたちに立ち向かってきた。でも、壁は厚かったね。アーモンドアイは強すぎる(笑)。

with 佑

▲記念すべきゲスト第1号としてご登場いただいた時の川田騎手


隼人 外国人ジョッキーは巧いから、いい馬が集まるのは当然なんだけど、評価が一括りになってしまうところはあるよね。たとえば、5人の外国人ジョッキーがいたとして、そのうちの一人がいい騎乗をすると、「さすが外国人ジョッキー!」ってなるでしょ。

佑介 そういう一面はあるとしても、この状況をどう捉えるかというのは、俺たち日本人ジョッキーにとってすごく重要なことだと思ってる。今の状況を仕方ないと思ってやり過ごすのか、あるいは将雅のように、何とかしたいと思って自分にできることを精一杯やろうとしているのか。

 考え方は人それぞれだから、どんな捉え方をしようと否定はしないけど、このままではいけないと思って何かに取り組んでいる人とそうではない人の差は、これからどんどん広がっていくと思う。

 取り組みといえば、吉田君が栗東に来たこともそのひとつだしね。関西馬の出走が多い暮れの中京開催を視野に、関西でも顔を売っておこうということでしょ?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング