スマートフォン版へ

展開によっては前評判が覆りそうなホープフルS

  • 2018年12月27日(木) 18時00分

「やってみないとわからない」不発に終わる可能性も


 重賞になって5回目、GIになって2回目のホープフルS。この原稿を書いている時点で既に発売が始まっているが、事前の予想とおりサートゥルナーリアが人気になっているようだ。

 2戦2勝であることとその良血ぶりから、人気になるのは理解できる。ただ、ホープフルSに合うかはやってみないとわからない。差し・追込馬の強いレースだし、ここ2年を見ると前半のほうが速く上がりがかかっている。サートゥルナーリアはデビュー戦がよくあるスローから実質3ハロンの競馬、萩Sはラスト2ハロンだけが速い競馬。ここが一転して泥仕合のようなレースになると、自身の良さを出せない可能性がある。

 人気どころではニシノデイジーのほうが、札幌2歳Sのようなレースを経験しているぶん有利ではないだろうか。東スポ杯では上がり33秒台も使えるところを見せたが、ニシノデイジーはおそらく速さより強さで勝負するタイプ。ここ2年と同じような競馬になってくれたほうがいい。

 アドマイヤジャスタは前走が見事なまでのワンペースなラップ。スタミナはありそうな馬なので、なるべく緩むところの少ない、消耗戦のようなレースを望みたいところだ。朝日杯に続いてまたアドマイヤ、という可能性も十分にある。

 ブレイキングドーンは血統の字面だけを見ると決め手勝負では分が悪そうな馬。それでいて京都2歳Sで2着できたのは、能力そのものの高さを示唆している。その京都2歳Sでは9頭立て5番手あたりから競馬を進めたが、ホープフルSは初手で中団以降に構えた馬がよく走っているレース。前走の経験を生かしたい。

 ヴァンドギャルドは母の父がモティベイターで社台ファーム育成なので「ディープのわりにキレない系」に育ったかと思いきや、2戦連続で33秒台の上がりを披露。そうなると馬のタイプとしては、サートゥルナーリアとセットで好走しそうなタイプということになる。同馬を軸にする人はこの馬をヒモに入れておきたい。2走とも差しの競馬をしてきたことはプラス。

 個人的にヒモ穴で狙っているのはミッキーブラック。ブレイキングドーンと同様に、前走は向かないレースでまずまず走ったという認識。今回と同じコースの芙蓉Sで勝っている点も評価したい。前走ではある程度位置を取りにいったが、ここはデビュー戦・2戦目のように初手はじっくり構えてもよいかと思う。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング