スマートフォン版へ

【京都金杯】休み明けを叩いて上積みもあるパクスアメリカーナ

  • 2018年12月29日(土) 18時00分
パクスアメリカーナ

▲1番人気が予想されるパクスアメリカーナ (c)netkeiba.com


京都金杯出走予定馬のレース1週間前の厩舎情報をお届けします。


カツジ

栗東・池添兼雄 牡4


父ディープインパクト、母メリッサ、母父ホワイトマズル/前走 マイルCSは番16人気4着

池添兼雄調教師
「前走はあのポジションから直線でよく伸びて来てくれました。久しぶりにいい脚を見せてくれましたね。やはりマイルは合います。ここもこの馬の競馬ができれば」

ゴールドサーベラス

美浦・清水英克 牡7


父スクリーンヒーロー、母インシステント、母父Diesis/前走 富士Sは番17人気13着

清水英克調教師
「1週前追い切りは12月26日でした。体調は良さそうですよ。前走(富士S・III・13着)から少し間隔があいているので、いつもより10日くらい早く戻して多めに調教をしています。本追い切りは30日にやって、1月2日は調整程度の追い切りの予定です」

サラキア

栗東・池添学 牝3


父ディープインパクト、母サロミナ、母父Lomitas/前走 秋華賞は4番人気4着

池添学調教師
「休み明けになりますが、しっかり馬体を戻して帰厩してくれたので調整もしやすかったですね。馬体もマイラー仕様になってきていますし、現状ではこれくらいの距離がピッタリ。1週前追い切りは時計も十分でしたし、動きも良化しています。うまく好位で運んで、賞金を加算したいところです」

ストーミーシー

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

東西トレセンから重賞出走を予定している陣営の声をお届けします。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング