スマートフォン版へ

【京成杯】カテドラル、ダイナミックなフットワークは健在

  • 2019年01月06日(日) 18時00分
中央所属馬のレース1週前調教をレポート。1週前から各馬の状態をチェックしておくことは馬券的中に欠かせません。


ダノンラスター
ウッドのケイコでは動けない馬。新馬に追い比べで見劣るも、年末の追い切りよりは伸び脚はしっかり。馬体の雰囲気は抜群で、重賞通用のレベルはあり。

カイザースクルーン
若干脚さばきに硬さが出てきたが、これは厳寒期の影響もあるのだろう。調整の過程は順調かつ意欲的。時計を要する馬場でも速い時計で古馬を圧倒する。

シークレットラン
直線の追い比べで新馬相手に何とか先着も、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング