スマートフォン版へ

【矢作芳人×藤岡佑介】『佑介がGIを勝ったときは、さすがにうれしかったよ』第1回

  • 2019年01月09日(水) 18時02分

▲佑介騎手から読者の皆様へ、新年のご挨拶


読者の皆様、明けましておめでとうございます。本年も「with佑」をどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、2019年最初のゲストにお迎えするのは、以前実施した「出演してほしいゲスト」のアンケートでリクエストをたくさん頂戴しました、矢作芳人調教師です。矢作調教師と佑介騎手といえば、スーパーホーネットを思い浮かべる方も多いのでは。あれから約10年、GIジョッキーとなった佑介騎手は、矢作調教師の目にどう映っているのでしょうか。

(取材・文=不破由妃子)


ステイフーリッシュで9年ぶりに矢作厩舎で重賞制覇


佑介 2019年最初のゲストは、矢作芳人先生です。先生、よろしくお願いします!

矢作 こちらこそ、お願いします。去年は久々にウチの馬で重賞を勝ってくれてな(京都新聞杯・ステイフーリッシュ)。

佑介 スーパーホーネットのマイラーズC(2009年)以来、9年ぶりでしたからね。久々に(重賞を)勝ったなぁとしみじみ思いました。先生にも「やっと勝ったな」って言われましたし(笑)。

with 佑

▲9年ぶりの歓喜、ステイフーリッシュで京都新聞杯を制覇 (C)netkeiba.com


矢作 うん。いまやそれくらいの馬じゃないと頼めない騎手になってきちゃったからなぁ。

佑介 とんでもないです!

矢作 とはいえ、京都新聞杯でいうと、向正面までは怒っていたんだけどね(笑)。確かに「スタートが決まったら、前のほうで競馬をしようか」みたいな話はしたけど…。

佑介 そうでしたね。

矢作 ホープフルSのイメージ(後方追走から直線で外から追い込んで3着)が強いかもしれないけど、それだけの馬じゃないからってな。馬場状態も、時計の速い春の京都の典型みたいな感じだったから、いいところに付けられたら…とは思っていたけど、まさか2番手に行くとは(苦笑)。ペースも遅くなかったし、「何してくれてんねん!」と思ったよ。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

  • 1 / 1
質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング