スマートフォン版へ

【渡辺薫彦調教師】ヴァルディゼールでシンザン記念勝利 厩舎初重賞に騎手時代の恩師も祝福

  • 2019年01月20日(日) 18時01分
今週のface

▲ジョッキー時代は「ナベちゃん」の愛称で多くのファンに親しまれた渡辺薫彦調教師 (撮影:大恵陽子)


「今週のFace」はシンザン記念をヴァルディゼールで勝利し、重賞初制覇を遂げた渡辺薫彦調教師。ジョッキー時代はナリタトップロードとのコンビで人気を博し、「ナベちゃん」の愛称で多くのファンに親しまれました。今回は、ナリタトップロードでの菊花賞制覇後にあった「胴上げ騒動」から「○○なタイプ」というヴァルディゼールの今後まで、netkeiba読者のみなさんへ語っていただきました。

(取材・文:大恵陽子)


ロードカナロア産駒あるある!?


――重賞初制覇、おめでとうございます!

渡辺 ありがとうございます。やっぱり重賞は格別ですね。ドラゴンバローズでシリウスSをクビ差2着など惜しいレースもこれまでにあって、もう少しで重賞に手が届くところまできていたので、嬉しかったです。

――記念の勝利ということもあり、多くの祝福の声が寄せられたんじゃないですか?

渡辺 ありがたかったです。これだけ応援してもらっているんだって改めて感じました。検量室前でもそうですけど、LINEやメールなど200件くらいいただいて。沖芳夫先生(騎手時代に所属)からもすぐにお電話をいただいて、「よかったな」って言っていただきました。先生も今年の2月で定年ですね。

今週のface

▲鞍上は年明けから絶好調の北村友一騎手 (C)netkeiba.com


今週のface

▲厩舎初重賞の記念の口取り写真 (C)netkeiba.com


――ヴァルディゼールですが、デビュー前はどんな馬でしたか?

渡辺 2歳の夏に入厩したのですが、1歳で初めて見た時から小柄な印象でした。牧場時代からトレッドミルに入るのがちょっと苦手だったみたいで、トレセンでのゲート試験も少し苦労したのですが、2〜3週間くらいでパスしました。

 すごくゆったりして大人しい馬で、ゲート練習でも「え、入るの〜?」って感じでした(苦笑)。ゲート試験に受かった後は、小柄なこともあって成長を促す意味でも一度放牧に出しました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング