スマートフォン版へ

特にディープの血が走りやすい東京新聞杯

  • 2019年02月01日(金) 19時00分

ディープと同様に中距離、末脚勝負が得意な馬がカギになる


 ディープインパクト産駒は、どのレースでもたくさん馬券になりますが、東京新聞杯はマイル重賞の中でも「特に」ディープ産駒が馬券になりやすいレース。

 東京新聞杯は中距離の末脚勝負が得意な血統が走りやすいレースであることもディープ産駒が走りやすい理由の一つ。

 よって、ディープと同様に、中距離指向の末脚勝負を得意とする馬を出す種牡馬も走りやすいレース。

 と、「中距離血統」にこだわらなくても、単純に「中距離実績馬」を狙うだけでも買い目が絞れてしまう年も。

 たとえば一昨年は「芝1800m以上のオープンを勝っている。もしくは重賞で連対した実績」に該当した馬は1着ブラックスピネルとの2着のプロディガルサンしか出走していませんでした。結果的には中距離実績だけでも馬連1点で的中したことに。

 2014年も中距離重賞実績があったホエールキャプチャが8人気で1着。2016年もスマートレイアーが5人気で1着。

 レイエンダの父キングカメハメハはディープインパクトと同じダービー馬。ダービー勝ち馬も複数出す中距離G1の主流種牡馬。母ラドラーダは当レースに特に強いディープインパクトと同じウインドインハーヘアの牝系。全兄はダービー馬レイデオロ。芝中距離重賞のセントライト記念で2着の実績も。

 サトノアレスは父がディープインパクト。前走の阪神Cはディープインパクトが力を出せない馬場、コース。人気のディープ産駒が全滅。これは事前に読んでいて父ノーザンダンサー系の2頭を本命、対抗に推奨。馬連万馬券を大本線。3連単34万馬券も的中させました。今回は苦手なレースから得意なレースに変わりますので巻き返しが見込めます。

動画チャンネル「血統の教室」公開中 血統のカリスマ・亀谷敬正が血統にまつわるギモンに一発回答!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング