スマートフォン版へ

【共同通信杯/無料】クラシックの登竜門、完勝なら皐月やダービーで勝ち負け

  • 2019年02月03日(日) 18時00分
クラシックへの登竜門としておなじみのレース。17年スワーヴリチャード(2着に2馬身1/2)、16年ディーマジェスティ(1馬身1/4)、14年イスラボニータ(1馬身1/4)と、ここを完勝ならクラシックでも勝ち負けのメドが立つ(15年リアルスティールは半馬身差の辛勝だったが相手がドゥラメンテ)。ディープ産駒では母系にストームキャットの血を引く馬(リアルスティール、サトノアラジン)とサドラーズウェルズを引く馬(ディーマジェスティ、スピルバーグ、ムーヴザワールド)の好走が目立つ。(解説:望田潤)


アドマイヤマーズ
 母ヴィアメディチはリウレイ賞(仏G3・芝1600m)に、母父メディチアンはエクリプスSに勝った。クロスがヘイロー3×5・5で、母系にアリシドンやルファビュリューが入り、母父が中距離型という堂々のダイワメジャー黄金配合。メジャーエンブレムを更に重厚にしたようなストライドは大箱向きで持続戦向きで、上がりのケイバのデイリー杯と新馬は苦戦し、ゴール前がかかった朝日杯と中京2歳Sは完勝。ここも同じことが言える。
距離◎ スピード○ 底力◎ コース○

ダノンキングリー
 ダノンレジェンドやダノングッドの半弟で、母母カレッシングは北米2歳女王でトラヴァーズSのウエストコーストの母。活躍馬が多数出るディープ×ストームキャットのニックスだが、中でもアユサンと非常に似た配合パターンといえる。馬のタイプとしてはサトノアラジンをサイズダウンしたイメージ。Hペースを悠然と捲り上げたひいらぎ賞はなかなか圧巻で、東京1800で更に斬れ味を増しそうだ。
距離○ スピード◎ 底力○ コース◎

フォッサマグナ
 ビウィッチS(米G3・芝12F)のストラスネイヴァー、UAE1000ギニーのシヤーダーなどの半弟で、母リヴァーベルはミセスリビアS(米G2・芝1700m)勝ち。母父ラヒブはQエリザベス二世S(英G1・芝8F)勝ち。父ウォーフロントはユーエスネイビーフラッグなどを送り出すダンジグ系の名種牡馬。母系のリヴァーマンやラウントテーブルの影響を感じさせる斬れで、デビュー戦を鮮やか差し切り。東京1800でも斬れ味が鈍ることはない。
距離○ スピード○ 底力○ コース◎

クラージュゲリエ
 プロフェットの半弟で、母母ビスクドールはトゥザヴィクトリーの全妹。本馬は父がキングカメハメハなので、トゥザワールドやトゥザグローリーと3/4同血の関係になる。ヌレイエフ4×4にミスプロとロベルトが絡むので機動力に長けた中距離血統だが、脚長でナスペリオン的斬れも兼備しており、弱点が少なくどこでも相手ナリに駆けるタイプ。ここも大崩れは考えづらいが、東京で抜群に斬れる馬を相手にしてどうかだろう。
距離○ スピード○ 底力◎ コース○

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング