スマートフォン版へ

糖質制限を続行中……が、まさかの“やっちまった”

  • 2019年02月05日(火) 18時01分
太論

▲小牧騎手らしい“やっちまった”エピソードをお届け


区切りの900勝まであと16勝。「遠いなぁ」と語る小牧騎手ですが、昨年、お酒との付き合い方や食生活を見直したことで減量が楽になり、体調はすこぶるいいそうです。リハビリ中から取り組み始めた糖質制限も続行中……かと思いきや、まさかの炭水化物祭り!?今週の『太論』では、小牧騎手らしい“やっちまった”エピソードをお届けします!(取材・文:不破由妃子)


体の調子よりも気持ちの調子のほうが大きいね


──今週の『太論』は、エールが込められたこんな質問から。「あと16勝で900勝ですが、900勝を達成したのちは1000勝の大台を目指すお気持ちはありますか? 簡単なことではないのはわかっていますが、ぜひ1000勝達成をモチベーションに、まだまだ頑張ってほしいです」。

小牧 900勝かぁ、遠いね(苦笑)。目指してからの時間がすごく長く感じるわ。頑張ってんねんけどなぁ。1000勝はね、もう考えんようにした。とりあえず900勝を達成せんことにはね。それまでは絶対に辞めたくないし。

──以前は「1000勝」という数字を大きな目標として掲げていらっしゃいましたよね。

小牧 うん。でも、今の時点では1勝するのが難しいから、1000勝なんて考えられへん。目指すかどうかは、900勝してから考えるわ。以前のようなリズムでポンポンと勝っていったら、すぐに到達するんやけど…。勝つことがこんなに難しいとは思わんかった。今はホントに1勝1勝や。900勝の記念品をすでに発注してしまっているから、なるべく早く達成したいんやけどね(笑)。

──続いては、「ジョッキーにはバイオリズムがあると思いますが、小牧騎手は自分の調子の良し悪しをどこで感じ取りますか?」という質問です。

小牧 やっぱり体の動きでしょう。その日最初のレースに乗ってみて、「今日は体が動くな」とかね。ただ、最初のレースで「今日は調子がもうひとつやな」と思っても、乗っていくうちにほぐれていくこともある。

──ご自身で感じる調子というのは、日によってけっこうアップダウンがあるものなんですか?

小牧 いや、体のどこかに痛みがあるときは別として、そんなに差はないよ。いつも万全の態勢でレースに臨めるように、週末に向けて調整しているわけやし。そういう意味では、体の調子よりも気持ちの調子のほうが大きいかもね。

──レース中の視野だったり、判断力だったり?

小牧 うん。調子がいいときは周りがよう見えるのか、判断がことごとくハマったりするからね。あとは、勝てばそれだけで気分が乗るから、リズムも自然と良くなったり。なんせ勝つことが一番やね。

──ジョッキーの調子の良し悪しは、気持ちに左右される部分が大きいんですね。

小牧 僕はそう思うけどね。競馬だけではなく、スポーツはなんでもそうですやん。気持ちの問題がホントに大きい。だからこそ、早くひとつ勝って波に乗りたいんやけどね。

──ファンのみなさんからも、今年の初勝利を期待するメッセージがたくさん届いています。

小牧 ありがとう。いつも励みになってます。体重管理が楽になったこともあって、幸い体調は絶好調やからね。この前も本屋さんで錆びない体を作るための本を買ってね、勉強してますわ。そういう本がたくさん出てるけど、なんせ糖質制限やね。糖質制限の本ばっかりや。

──そういえば続いてますね、糖質制限。小牧さん、炭水化物大好きなのに…。

小牧 うん、ご飯もラーメンも大好き(笑)。でも食べてないです。そのぶんおかずを腹いっぱい食べれば、それほど辛くないし。あ、食べてないは嘘や…。少し前に酔っ払って(炭水化物を)食べてたらしいわ…(苦笑)。

──「らしい」ということは、必殺、記憶喪失ですね(笑)。

小牧 はい(笑)。天津飯とラーメンと餃子を食うてたらしい(笑)。

──炭水化物祭りじゃないですか!

小牧 一緒に飲んでたトレーナーが、お店で何を食べたか写真を撮っていて。トレーナーもあんまり覚えてないらしいんやけど、次の日その写真を見せられてビックリしたわ。

──天津飯とラーメンと餃子ですから、一緒にいた何人かでシェアしたのでは?

小牧 いや、僕一人でそれだけ頼んだらしい。ペロッと食べちゃったのかなぁ…。頼んだのも食べたのも覚えてないねん(笑)。ま、それでも減量は楽やから、たまには良しとしますか。

太論

天津飯とラーメンと餃子を僕一人でそれだけ頼んだらしい…

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング