スマートフォン版へ

共同通信杯は「調教適性vs2歳王者」!? 3重賞の追い切りチェック!

  • 2019年02月06日(水) 18時00分

最終追い切り場所には引き続き注意が必要


 先週の両重賞。東京新聞杯の◎インディチャンプは出遅れでヒヤッとする場面もありましたが、直後の巻き返すことができたのが最大の勝因でしょう。ウマい馬券にも記しましたが、これで3年連続して、1着馬は最終追い切り場所が栗東坂路で2F目に12.9秒以下のラップを踏んで、それを持続させています。1分31秒台の決着でもこれが継続されたということは、この時季の東京マイルでは必要不可欠な調教適性であることを再認識させられました。

 今週もそんな調教適性をフルに活用して予想したいところ。実は今の東京芝1800m、最終追い切り場所が南Pが好走中。勝ち馬はインで巧く立ち回り、直線馬場中央に持ち出して伸びるというパターンで結果を出しています。果たして、最終追い切りを南Pで行う馬はいるのか、そしてアドマイヤマーズとの優劣をどのように判断するのか。「調教適性vs2歳王者」といったところでしょうか。

【クイーンC/クロノジェネシス】

 阪神JFは負けて強しの2着。デビュー前から相当高い能力があることを追い切りから示していましたが、これから先はそれをどうやって維持していくかがポイントになると思っています。

 今回は栗東への帰厩から9日目に初時計を出していますが、この遅さが追い切り本数の少なさになっています。しかも1月27日の坂路での追い切りは本来、CWで行いたかったもの。そういったいろんな影響があり、1月30日のCWでの動きはひと息に見えました。ただ、最終追い切りは6F時計が遅くなったとはいえ、先週から見違えるような素軽い走り。あのひと追いで動ける状態に仕上がっているのは間違いありません。

クロノジェネシス

動ける状態に仕上がっているクロノジェネシス


【共同通信杯/アドマイヤマーズ】

 無傷でG1を制覇。最優秀2歳牡馬の称号も手に入れ、始動は暖かくなってからと思っていましたが、ここを目標に前走後の休みは1ヶ月だけ。そんな短い期間でも「成長した」と大江祐輔調教助手が語るほど伸び盛りな3歳。個人的にも帰厩後はできるだけ毎日確認するようにしていますが、本当に前走より成長しています。

 それは馬体だけでなく、精神的なものも含みます。2歳夏にカリカリしていたのがウソなような落ち着きぶり。最終追い切りが坂路で2F目に13.4秒、3F目に13.8秒とちぐはぐなラップを踏む場面もありますが、これはまだ成長の余地があるところ。いざ走り出すと前向きさが勝ってしまうところもありますが、ここが修正されてくれば、本当に完成することになるでしょう。現状はこれで十分、そう言い切れるだけの中間を含めた調教内容です。

アドマイヤマーズ

現状はこれで十分の内容に見えるアドマイヤマーズ


【共同通信杯/クラージュゲリエ】

 デビューから3戦すべて、メンバー最速上がり。能力の高さは間違いありませんが、この中間はどうも動きが冴えません。1月24日のCW、2週前追い切りは併せた相手がジャンダルムだったので、まあ仕方ないかなと思いましたが、1月31日はCWでカフェブリッツ相手にこれも遅れてしまいます。

 それだけに最終追い切りがどんな動きか気になるところでしたが、サトノゲイル相手に追走してなんとか追いついて最後は同入に持ち込んだという感じ。追われてからの反応がやや鈍く感じられただけに、そこをどう判断するかでしょう。

クラージュゲリエ

追われてからの反応がやや鈍く感じられたクラージュゲリエ


【京都記念/ステイフーリッシュ】

 前走は中山競馬場までの輸送があったにも関わらず、+6キロの456キロ。これはデビュー以来の最高体重なので、間違いなく今が充実期だということだと思います。だからなのでしょう、1月31日の坂路では4F52.3秒という自己ベストに0.2秒差と迫る速い時計の追い切りを消化。1月27日にも坂路で4F55.6秒という時計を出していますから、追い切り本数は多くなくても、その中身は非常に濃くなっています。

 それでいて、今回は京都新聞杯を勝った時と同じ舞台。netkeiba.comで予想オッズ1番人気に支持されるのも納得です。ただ、昨年までのステイフーリッシュなら、今のパワーが必要な京都芝に疑問を感じるところでした。しかし前記したように、今のステイはパワーアップしているので問題なし。最終追い切りでも坂路4F53.8秒で4F目が最速になるラップ。いろんな意味で安定感が出てきました。

【京都記念/パフォーマプロミス】

 前走有馬記念では◎を打ちましたが、レースでは全く見どころなし。レース当日の雨も影響したとは思いますが、57キロ以上を背負った時のパフォーマンスが高くない点はやっぱり気になります。

 ただ、そういった部分ではなく、調教だけの要素なら前走負けたからといって気になるようなところはありません。ここまで順調に追い切りを積み重ねてきましたし、最終追い切りも単走ながら、ある程度速い5F時計で67.0秒。終いもしっかり伸びていましたし、状態に関しては全く問題ありません。それで得意の京都競馬場ですから、タフな馬場と57キロはしっかり克服してほしいところ。

パフォーマプロミス

状態に関しては全く問題ないパフォーマプロミス


◆次走要注意

・2/3 3歳新馬【ハウル】(11人15着)

 後方からのレースも向正面では折り合いを欠く仕草を見せて、3コーナーでは一気に脚を使う内容。これでは当然、最後に止まってしまいますが、いい脚を使えるところは見せてくれました。距離短縮など、条件が向けば、そのうち大きな馬券に貢献するでしょう。

[メモ登録用コメント] [芝]最終追い切りラスト1F最速ラップなら勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・3歳未勝利【トラピッチェ】
 前走は新馬ながら既走馬相手で4着。中京の急坂を鋭い脚で伸びたレースぶりは印象的でしたが、それが納得できる、6日の最終追い切り。馬場の荒れた時間帯の坂路を力強く、まっすぐに駆け上がってきました。これは時計うんぬんではなく、主観から受けた印象で強く推奨できます。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング