スマートフォン版へ

【Dr.コパ氏】『日本で一番合っている騎手が菜七子』コパノキッキング×藤田菜七子騎手 (前編)

  • 2019年02月10日(日) 18時02分
今週のface

▲愛馬コパノキッキングでフェブラリーSに挑むDr.コパ氏


今回の「今週のFace」はフェブラリーS特集。藤田菜七子騎手の起用で大注目のコパノキッキング。Dr.コパオーナーのインタビューを、2日連続で公開します。「今回の挑戦は突飛な考えではなくて、キッキングにとって一番合う騎手を考えた時、菜七子だった」と語るDr.コパ氏。そこには、キッキングが生まれたアメリカでの、仔馬時代の生活が大きく影響していました。

(取材・文=赤見千尋)


マーフィー騎手の「(マイルは)長い」発言の受止め方


――まずはコパノキッキングで根岸S制覇、おめでとうございます!

コパ ありがとうございます。着差以上に強いレースができましたね。僕はケイアイの亀田和弘オーナーと仲が良くて、レースの2、3日前に一緒にご飯を食べたんですよ。ケイアイノーテックは初ダートで、キッキングは1400m勝ったことがないから、「不安があるってこんなに気持ちが楽なんだね」って盛り上がって。レース前はそんな感じだったんですけど、勝ってくれてとても嬉しかったです。

――不安視されていた距離も、問題なかったですね。

コパ 本当にマーフィー騎手が上手に乗ってくれました。スッと出て、ポジションを取るまでゆっくり下がって行って、結局ポジションを取れたところでそこから順番に上がって行った。スタートしてからポジションを取るまでに200〜300mあるんですよ。1400mの競馬を1100mにしてくれたなと。あとハッキリしたのは、芝はダメだということです。結局出遅れたレースを見ると、阪神の1400mと、勝ったけれどカペラS。どちらも芝スタートだから。

今週のface

▲O.マーフィー騎手の好騎乗が光った根岸S (撮影:下野雄規)


――ということは…フェブラリーSは芝スタートですけれども。

コパ だから、上手いこと出遅れてくれるだろう、という風に考えるんですよ。

――上手く出遅れる?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング