スマートフォン版へ

【Dr.コパ氏】『日本で一番合っている騎手が菜七子』コパノキッキング×藤田菜七子騎手 (前編)

  • 2019年02月10日(日) 18時02分
今週のface

▲愛馬コパノキッキングでフェブラリーSに挑むDr.コパ氏


今回の「今週のFace」はフェブラリーS特集。藤田菜七子騎手の起用で大注目のコパノキッキング。Dr.コパオーナーのインタビューを、2日連続で公開します。「今回の挑戦は突飛な考えではなくて、キッキングにとって一番合う騎手を考えた時、菜七子だった」と語るDr.コパ氏。そこには、キッキングが生まれたアメリカでの、仔馬時代の生活が大きく影響していました。

(取材・文=赤見千尋)


マーフィー騎手の「(マイルは)長い」発言の受止め方


――まずはコパノキッキングで根岸S制覇、おめでとうございます!

コパ ありがとうございます。着差以上に強いレースができましたね。僕はケイアイの亀田和弘オーナーと仲が良くて、レースの2、3日前に一緒にご飯を食べたんですよ。ケイアイノーテックは初ダートで、キッキングは1400m勝ったことがないから、「不安があるってこんなに気持ちが楽なんだね」って盛り上がって。レース前はそんな感じだったんですけど、勝ってくれてとても嬉しかったです。

――不安視されていた距離も、問題なかったですね。

コパ 本当にマーフィー騎手が上手に乗ってくれました。スッと出て、ポジションを取るまでゆっくり下がって行って、結局ポジションを取れたところでそこから順番に上がって行った。スタートしてからポジションを取るまでに200〜300mあるんですよ。1400mの競馬を1100mにしてくれたなと。あとハッキリしたのは、芝はダメだということです。結局出遅れたレースを見ると、阪神の1400mと、勝ったけれどカペラS。どちらも芝スタートだから。

今週のface

▲O.マーフィー騎手の好騎乗が光った根岸S (撮影:下野雄規)


――ということは…フェブラリーSは芝スタートですけれども。

コパ だから、上手いこと出遅れてくれるだろう、という風に考えるんですよ。

――上手く出遅れる?

コパ そうそう、出遅れるというより、走りが合わないわけだから、自然と置かれる形になる。だいぶ昔の話なんですけど、キョウエイグリーンていう1200mの強い馬がいたんです。僕が大学の頃真剣に競馬をやっている時期で、よく覚えているんですけど。

 安田記念に出ることになって、競馬記者はこぞって距離が長いと。人気ももちろんなくて。東信二騎手が乗ったんですけど、ゲートをそっと出て、最初の2ハロンはタランタランやっていて、残り1200mくらいからスーッと上がって行って勝っちゃった。今回もこれですよね。いかに残り1200mのレースにするかだと思います。

――なるほど。しかし意地悪なことを言いますが、マーフィー騎手が勝利インタビューで「(マイルは)長い」と仰っていました。

コパ 言ってましたね(笑)。でもあの言葉は、菜七子にとってはラッキーじゃないですか。さっきも言ったように、レース前に不安があるというのは、気持ちを楽にしてくれますから。しかしね、あの馬の体型を見たでしょう? 体は薄いし脚は長いし、あれで短距離馬って珍しいですよね。

――確かにそう感じました。アメリカ産駒ということで、日本のダート馬とは違うのかなと。

コパ 普通は距離持つ体型ですよ。お父さんも1800mのGIを勝っているし。アメリカのセールで買ったんですけど、僕は日本にいて明(村山調教師)が行っていて。「10万ドル(約1000万円)までしか出せないよ」って言っていたんです。1番時計だったし、他の馬たちは20万ドルから50万ドルくらいで落札されていたから、明は「多分買えないですよ」って。

 でも電話が来て、「10万ドルで落ちました!」って。俺たちツイているね! って喜んでいたら、次の日また電話が来て「脚が曲がってました…」って(苦笑)。少し脚が内向しているんですよ。

――それでもここまで走るとは、能力の高さと、関係者の方々のケアの賜物ですね。

コパ だから明と相談して、体重を乗せないということを考えました。普通はあの体ならば500キロは超えますよ。でも脚元のことがあるから、そこは気を使ってもらっています。

菜七子騎手に、GIで勝算のある馬に乗せてあげたい


――デビューからしばらくは逃げて結果を出していましたが、途中からレースの幅が広がって、追い込みで力を出せるようになりました。

コパ あれは偶然ですよね(笑)。ケガの功名で追い込み馬になった。10月の京都の1600万のレースだったんですけど、スタート直後に挟まれて後ろに下がってしまって。「ああ、もうダメだ〜」と思いながら見ていたら、女房が「来てる来てる来てる!」って。差し切った時には「勝ったー!!!」って大喜びしました。まさかあんなレースができるとは思わなかったです。

――いつ頃からフェブラリーSを意識していたんですか?

コパ 最初から思っていましたけど、明に伝えたのは札幌で500万、1000万と連勝した時です。「フェブラリーに行かないか?」って言ったら、明は絶句したあと「1000mを勝ったばかりですよ」って。「お前も常識的なこと言うんだな」って笑いながら話していました。

――どの馬に対してもですが、よくこんなに面白いことを思いつきますね。

コパ 一番は自分が楽しんでいるからですかね。僕は高校の時から競馬を見ていて、オーナーならではの楽しみ方というのもファンとして見て来て、オーナーが楽しい競馬をすればファンも楽しいのではないかと思っているんです。『あいつ、こんなことするの?!』っていう。

 だからオジュウチョウサンの平地挑戦も盛り上がりましたよね。今回もそれと同じですよ。それに、彼女は下手じゃないじゃない。GIで勝算のある馬に乗せてあげたいという気持ちが強かったんです。

今週のface

▲Dr.コパ氏の思いを受けて大舞台に立つ菜七子騎手 (撮影:下野雄規)


――いよいよ藤田菜七子騎手のGI初騎乗ということで、本当に盛り上がっていますよ。

コパ 何でこの時期なんですか? っていう質問があるかもしれないけれど、5月1日に元号が変わるでしょう。そうすると今平成の一番最後、ここはやりたいことを全部やっとかないといけない時期なんです。

 僕は風水をやっていますから、この1月から自分がどんな運気が動いているかわかっている。4月の30日までに菜七子をGIに乗せてあげたいという夢を叶えるとしたら、フェブラリーSしかないんですよ。僕は強い芝馬持っていないから(笑)。

――カペラSでも菜七子騎手にオファーしていたと伺ったんですが。

コパ でも先約があって実現しなかったんです。それなら(柴田)大知くんでとお願いして。彼は真面目に頑張っていますから。それに、キッキングって優しい乗り方をした方が走る馬なんですよ。だから大知くんにも「優しく乗ってくれ」と。

――優しい乗り方ですか。

コパ そうそう、デビュー戦の時の川須くんにも「柔らかくほわんと乗ってくれ、馬が行きたい時に行っていいからさ」と伝えていました。キッキングは去勢しているでしょう? 以前調教ができない時期があって、そういう決断をしたわけなんですけど。

 実はアメリカでずっと世話をしていた人が女性だったんですよ。馬っていうのはそういうことちゃんとわかっていて、優しい、柔らかく接してくれるというのに慣れていたんだと思うんです。

 それが日本に来て、初めての場所で言葉もわけわからなかっただろうし、男ばっかりで、その辺りの戸惑いで調教ができなかったのではないかと。もし女性がたくさんいる育成で女性が担当していたら、また違う形になったかもしれない。馬がどう育ってきたかというところも見ないといけないなと思いました。

――女性の競馬界進出に大きな一石を投じるエピソードですね。

コパ アメリカってたくさんの女性が競馬に携わっているし、特に厩務員は多いですからね。日本は少ないけれど、そういうところが彼にはあるのではないかと気づいたんです。それで「柔らかく乗ってくれ」というのが基本になった。その延長線上で考えると、日本の騎手で一番合っているのは藤田菜七子なのではないかと。今回のフェブラリーS挑戦は突飛な考えではなくて、キッキングにとって一番合う騎手を考えた時、菜七子だったという話です。

(文中敬称略、次回へつづく)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング