スマートフォン版へ

【松岡正海騎手】期待から自信、確信へ「ウインブライトと一緒に大きなところを取りたい」

  • 2019年02月17日(日) 18時02分
今週のface

▲松岡正海騎手が抱くウインブライトへの強い思いとは(C)netkeiba.com


2月10日の東京競馬で、怪我から復帰した松岡正海騎手(34)。1月6日の中山競馬で馬に蹴られて右尺骨を骨折してから、わずか1か月でのスピード復帰だった。その理由を聞くと「ウインブライトがいたから。あの馬の中山記念を見すえて戻ってきたんです」と熱っぽく話す。デビュー前からコンビを組んでいた、気心の知れた相棒。ジョッキーとしての現在の立ち位置を交えつつ、ウインブライトについて語りつくします。

(取材・文=藤井真俊)

2歳の頃から“この馬でGIを”


――1月6日に怪我をしてから、約1か月での復帰。本当に早かったですね。

松岡 自然治癒だと復帰まで2〜3か月かかる骨折でしたが、プレートで固定すれば早く戻れると聞いたんでね。ウインブライトには何としても乗りたかったので、迷わず固定手術を選択しました。調教、競馬と違和感なく乗れましたし、スムーズに帰ってこられて良かったです。

――そこまでウインブライトに対して思い入れがあるんですね。現在は重賞4勝を挙げていますが、これだけの馬になる予感は以前からあったのですか?

松岡 そうですね。確か初めて乗ったのは2歳の3月くらい。牧場で乗せてもらったんですが、すごくフットワークが良かったことを覚えています。“動く馬”というのはいくらでもいますけど、フットワークの良さというのは、天性のものですからね。ただ肉体的にはまだ幼くて、腰のゆるさもありましたから、本当に良くなるのには時間がかかるだろうなと思いました。

――2歳の頃から“この馬でGIを”と言っていましたね。

松岡 ええ。それは1歳上のお姉さんのウインファビラスとの比較からなんですけどね。ウインファビラスはGIで2着(阪神JF)だったんですが、ファビラスよりもブライトの方が上だと思ったんで。だったらGIを勝っても不思議はないんじゃないかな、と。

――3歳の春にGIIスプリングSを勝ち、その後もGIII福島記念、GII中山記念とタイトルを重ねてきましたが、“まだこれから良くなる”と言い続けていました。

松岡 はい。腰とか背中とか、まだ全体的に緩さを残していましたから。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング