スマートフォン版へ

【福永祐一×藤岡佑介】第1回『ジョッキーとしてのふたりはキャラ被り!?』

  • 2019年03月13日(水) 18時02分
with 佑

▲netkeiba新旧コラムニストの対談! (C)netkeiba.com


昨年の3月までnetkeibaで、4年間にわたって連載コラム『祐言実行』を担当した福永騎手。“ジョッキー”ならではのメッセージをたくさん発信してきました。その役割を後進の佑介騎手らに託し、自身のコラムの終了を決断。あれから1年。今度は“ゲスト”という立場に変え、netkeibaに登場。新旧コラムニストの貴重な対談、まずは「ふたりのキャラ被り」からトークスタートです!

(取材・文=不破由妃子)


怒っているところをあまり見たことがない


佑介 祐一さん、今日はよろしくお願いします! のっけからなんですが、僭越ながら、祐一さんと僕はキャラが被っているところがあるような気がしていて…。そう思いません?

福永 まぁそうやね。俺も「佑介とはキャラが被ってる」って人に言ったことがあるかも(笑)。騎乗センスにあふれた天才肌ではないところとかね(苦笑)。だからこそ、たくさん考えて、人一倍頭を使って乗るしかないっていうところで、ざっくりタイプをわけると一緒かなって思う。

佑介 僕は性格的にも感じるところがあって、自分のやり方や考えを、時代や状況に合わせていけるところも似ていますよね。祐一さんは絶対にB型だろうなと思って調べたら、ホンマにB型やった(笑)。

──福永さんは、ご自身のことも含め、常に俯瞰でものを見ている印象があります。時代や状況に自分を合わせていけるけれど、決して巻き込まれないというか。

福永 
最初から自分を貫き通して、それで通用するんだったらそれが一番だと思いますけどね。本音を言えば、自分もそうありたいと思う。でも、そういうタイプではないことが早くからわかっていたから、時代に合わせて変化をしていかなければと思ってやってきた。そうしなければ置いて行かれるだろうなっていう危機感はずっと持ってます。

(※プレミアムコースご登録で、対談のスペシャル動画がご覧いただけます)

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング