スマートフォン版へ

【最速日経賞、高松宮記念回顧】7度目となる2着も「悔しいけど実りのある2着だった」

  • 2019年03月24日(日) 20時30分
ミルコ騎手最速レース回顧

▲今週は土曜日の日経賞と日曜日の高松宮記念を振り返ります!(撮影:下野雄規)


開催終了直後にミルコ騎手が自身のレースを振り返る当コーナー。今週は悲願の重賞制覇を狙ってエタリオウと出走した土曜日の日経賞、そして2度目のコンビとなるダイメイプリンセスと挑んだ高松宮記念を振り返ります!

(※その他、ミルコ騎手が当週のレースへの手応えを語る「今週の手応え」、マネージャーさんが素顔のミルコ騎手を激写する「ミルスタ」、新サービス『週刊netkeiba』オリジナルコンテンツとなります)


いつもよりも気持ちが早めに入ってしまったことで…


 Ciao Mi Chiamo ミルコです!

 今日のレース回顧なんだけど、昨日行われた日経賞と今終わったばかりの高松宮記念だね。

 まずは、日経賞。今回、パートナーに選んでもらったのはエタリオウ。菊花賞での悔しい敗戦からの休み明けということもあり、色々と試してみたかった。トライアルということもあり、無理をするレースもしたくない、だけど勝ちたい。そんなレースだった。

 久しぶりのレースだったけど、陣営が努力してくれたおかげで、すごく真面目に走ってくれた。その分

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング