スマートフォン版へ

【坂井瑠星騎手(2)】ノーワンと挑む桜花賞! 期待の膨らむ春「どんな競馬でもできる馬」

  • 2019年03月31日(日) 18時01分
今週のface

▲デビュー4年目で初のクラシック騎乗へ! 坂井騎手が意気込みを語ります


ノーワンに騎乗し、フィリーズレビューを制した坂井瑠星騎手。デビュー4年目で念願の重賞タイトルを手にしました。次なる戦いは、いよいよ桜花賞。終いの脚がしっかりしているのはもちろん、馬の間を割れる根性があることも証明したノーワン。桜花賞の手応えを、坂井騎手が語ります。

(取材・文=不破由妃子)


1600mも問題なし、渋った馬場でも大丈夫


──オーストラリアから帰国して早3カ月。人気馬や重賞に騎乗する機会が目に見えて増えてきましたね。ご自身でも日々実感しているのでは?

坂井 もちろんです。だからこそ、そういう舞台でアピールしなくては…と思っていたんですが、帰国後は思うように勝てなくて、本当にどうしようかと…。そんななか、大きな反省が残る勝利ではありましたが、フィリーズレビューを勝てたことで少しはアピールできたかなと思っています。僕自身としては、まだまだトンネルから抜け出せずにいるんですけど(苦笑)。

──帰国後の成績に限ると、去年の年末が2週間で1勝、今年も2月末の時点では3勝でした(※取材時点。その後、勝ち星を伸ばして3月29日現在で9勝)。人気馬への騎乗機会が増えたことを思うと、ちょっとしんどい時期なのかなぁと思って見ていました。

坂井 そうですね。帰国してからずっと苦しかったです。なんでこんなに勝てないんだろうと…。

──年明け一発目の『wit 佑』のゲストが矢作先生で、佑介さんと口を揃えて「瑠星には突き抜けるくらいの活躍をしてもらわないと。まだまだ甘い」というようなことをおっしゃっていました。期待の裏返しであることは言うまでもないんですが、ご本人にとってはさぞかしプレッシャーだったのではないかと…。

坂井 期待に応えられない自分には今でもモヤモヤしていますけど、矢作先生も佑介さんも、それだけ自分のことをちゃんと見てくださっているということですからね。そういう厳しい目があるということは、本当にありがたいと思っています。ただ、期待をしていただいているうちに結果を出さないと、すぐに見捨てられてしまう世界なので、本当に頑張らないと…。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング