スマートフォン版へ

いよいよ牝馬クラシック!有力馬の追い切りをチェック!

  • 2019年04月03日(水) 18時00分

前走以上の仕上がりを見せるラッキーライラック


 先週からスタートした『重賞捜査網』。出走14頭をすべて解説する内容で、調教評価も付けています。ABC(今週からは表記が変更する予定)の3段階でしたが、A評価は3頭だけ。そのうち2頭がアルアインとキセキでした。

 ウマい馬券の予想は◎キセキでしたから、普通なら馬連は楽に的中しています。注ワグネリアンも本文に記したように悩んだものの、印は打っています。なのに馬券は不的中。これはキセキの「単勝ありき」という組み立てにあります。いわゆる予想は的中しているけど、馬券は外れってやつですね。

 すっごく悔しい結果ではありますが、キセキがしっかりと走ってくれたことには一定の満足をしていますし、当日、学生対抗の予想大会では「井内さんのおかげで的中しました」と言ってくれる学生もいました。自分の仕事はファンの役に立つ競馬予想。そういった意味では責務を果たした部分もありましたし、これからも心から「ありがとう」と思っていただけるような予想に努めます。

【ニュージーランドT/メイショウショウブ】

 桜花賞にも登録はありますが、4月3日午前の時点では19番目の補欠。ということで、こちらに登録してジョッキーも押さえているようですが、今年の牝馬路線はレベルが高いはずなので、ここでも十分通用するというのが個人的な見立て。加えて、阪神マイルより中山マイルが向きそうな脚力を見せた1週前追い切りを評価します。

 CWでリリーモントルーを追いかける内容でしたが、道中からリズムよく追走して、4コーナーでは外を回って、最後はきっちり先着。時計は6F83.3〜5F67.4〜4F52.9〜3F38.5〜1F12.0秒と決して速くありませんが、力強さを感じる内容。父も母もパワータイプでしたし、逃げなくても、うまく先行して押し切る。そんなイメージで走ることができるのが中山マイルだと思います。

メイショウショウブ

中山マイルが向きそうな調教内容のメイショウショウブ(写真手前、3月27日撮影)


【阪神牝馬S/ラッキーライラック】

 中山記念では自信の◎。桜花賞、オークスでのアーモンドアイとの着差、そのアーモンドアイが見せたJCでのパフォーマンスから牡馬相手でも全くヒケをとらないと判断しました。状態は桜花賞ほどではないにせよ、秋華賞の時よりは良くなっている。それが2着という結果になったと思います。

 ですから、まだ良くなってくるだろうと思っていたこの中間。思い通り、帰厩当初は前回よりもいい感じでしたが、1週前追い切りを見ると、完全に桜花賞の時と同じ走りができていますし、むしろ今回は成長が加味されて、それ以上といった感じがします。それが4歳の強みだと思いますし、1週前のCWで見せた「追えばどこまででも伸びる」走りについてこれる馬がいるのか、と思ってしまうくらい。さすがnetkeiba.comユーザーの皆様、予想単勝オッズが1.8倍ということで、馬券的妙味は全くありませんが(笑)、今回はヴィクトリアマイルに向けて勝たなければいけない一戦です。

ラッキーライラック

過去最高の仕上がりと言っても過言ではないラッキーライラック(3月27日撮影)


【桜花賞/ダノンファンタジー】

 前走チューリップ賞の最終追い切りでは、未勝利戦以来のCWでの4F追いになりましたが、素晴らしいスピード感と我慢の利いた走り、追い出してからまだまだ余力がありそうなゴール前と、トライアルとしては仕上がり万全だったように思います。それがレース結果にも表れたのではないでしょうか。

 それと比較すると、1週前追い切りではありますが、同じCWでの動きには違いがあります。3コーナーでは我慢することができず頭を上げますし、最後の直線はVTRでも確認できるように舌を出しています。その分だけ、ゴール前では失速するようなラップになりましたし、ここが非常に気になっていただけに、最終追いには注目していました。

 場所は芝馬場。これはさほど驚きませんでした。理由は3日の栗東の気温。非常に寒く、2日夜は雪が降ったくらい。ウッドチップ馬場の状態が読めないと思えば、この選択は十分可能性がありました。しかし、馬場に入ってから頭を上げる仕草にはやっぱりかというしかありません。舌は出していませんし、我慢して走れているようにも見えました。ただし、これは1頭で走ってのこと。フルゲートなら18頭、その中で折り合って走れるかどうかには多少の疑問が残る追い切りということで判断しています。

ダノンファンタジー

レースで折り合えるかどうかが課題となったダノンファンタジー


【桜花賞/クロノジェネシス】

 前走クイーンCは調教欄での追い切り本数が1本足りなかった分、さすがに厳しい戦いになると思いましたし、主観的に見ても、1週前CWでの動きでは崩れなくても勝つまでは、といった感じでした。ところがレースが雪で順延になったこともあり、滞在中に東京競馬場で調教を行ったようです。それが結果的には功を奏したのではないでしょうか。

 それと比較すると、今回は栗東への帰厩からきっちり調整されています。その分、1週前のCWでの動きも文句ありません。最終追い切りの内容に関しては、重賞捜査網で解説するとして、ここでは調教適性について少し触れておきます。もともと坂路で時計を出すタイプではなく、今回も3月31日の1本だけ。坂路は瞬発力を鍛える調教ですが、パワーの必要な馬場や流れにも重要な調教内容です。ここはデビュー以来、最もパワーが要求される厳しい流れになりそうですから、そうなった時にどんな走りができるかは未知というのが調教適性での評価です。

クロノジェネシス

パワーを要する厳しい流れへの対応が注目されるクロノジェネシス(写真奥)


【桜花賞/ビーチサンバ】

 阪神JFの時点から、3歳になれば成長してくるだろうとイメージが沸くような馬体と動き。クイーンCを使ったことで、その成長にどんな影響が出てくるか気になっていましたが、前走後からここまでの調整過程においては「今回の方が断然いい」というのが、担当者の島明広調教助手。個人的には1週前追い切りから、その翌々日の調教の様子から、馬が変わってきたという印象を持っています。

 今は水平首で動作することができていて、それにより、歩く時も走る時も推進力があります。能力が高い馬に「飛ぶように走る」と表現するものとは逆の動きですが、無駄がないという意味ではかなり効率的です。だからこそ、先週も3日の最終追い切りも同じ手前のまま、最後の直線を走り抜いているのかも知れません。あとはレース当日の枠順やレース展開、そのあたりでどんな結果になるかといったところでしょう。

ビーチサンバ

無駄のない走法で追い切ったビーチサンバ(4月2日撮影)


◆次走要注意

・3/31 大阪杯【キセキ】(2人2着)

 レース当日は中山競馬場だったので、パドックや返し馬を確認したのはモニターでしたが、それを見るかぎりは素晴らしい状態だったと思います。3日に清山宏明調教助手に当日の様子を聞いても、私が見た印象で間違っていなかったようです。それでも2着というのは競馬。すでに放牧に出されており、次走は宝塚記念。次もじっくりと調整過程を見ていきたいと思います。

[メモ登録用コメント] [宝塚記念]中間含めCWでの動きに注目

◆今週の追い切り特報

・3歳未勝利【ベルジュルネ】

 未出走馬ですが、先週まで坂路でしっかりと動けていました。3日が初めてのCW追い切りでしたが、クルークハイトを追いかけて、最後の直線で手前を替えると抜群の伸び。道中は遅いラップも引っかかるところはありませんし、これは出たとこ勝ち。予定は来週の福島ダート1700mです。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング