スマートフォン版へ

【天皇賞・春】調整過程申し分なし、状態良好フィエールマン

  • 2019年04月21日(日) 18時00分
フィエールマン

▲フィエールマンは菊花賞優勝時と同じく2日前に輸送をする


天皇賞・春出走予定馬13頭のレース1週間前の厩舎情報をお届けします。


ヴォージュ

栗東・西村真幸厩舎 牡6


父ナカヤマフェスタ、母ギュイエンヌ、母父タニノギムレット/前走阪神大賞典は5人気8着

西村真幸調教師
「前走は体調こそ悪くなかったですが、終始後ろから突かれる嫌な展開でした。前も後ろももう少し離れて、単騎で逃げるような形だったら、また違っていたかもしれません。他馬を気にする面があるので、ハミを噛んでしまいました。この中間も体調はいいですし、1週前追い切りの走りも上々です。万葉Sのようにマイペースで行けるのが理想ですね」

エタリオウ

栗東・友道康夫厩舎 牡4


父ステイゴールド、母ホットチャチャ、母父Cactus Ridge/前走日経賞は1人気2着

友道康夫調教師
「18日(木)にCWでの1週前追い切りを「しまいしっかり」の指示でミルコ・デムーロ騎手騎乗で行いました。今回の調教では、前走力んで走っていたことを踏まえてブリンカーを薄くしたのですが、集中して走れていたので、これでいこうと思います。菊花賞でも僅差の2着の馬ですし、距離は合っていると思います。あとはレース中の集中力が鍵でしょう」

カフジプリンス

栗東・矢作芳人厩舎 牡6


父ハーツクライ、母ギンザフローラル、母父シンボリクリスエス/前走阪神大賞典は6人気2着

宮内茂貴調教助手
「前走は持ち味が生きていましたし、長距離適性を再認識しました。その後は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

東西トレセンから重賞出走を予定している陣営の声をお届けします。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング