スマートフォン版へ

【木村哲也調教師×大塚海渡騎手】「競馬学校期間中は…怒鳴り倒しましたね…」前編 / シリーズ師弟対談

  • 2019年05月05日(日) 18時02分
ノンフィクション

▲大塚海渡騎手と木村哲也調教師の師弟対談(C)netkeiba.com


師弟コンビの絆や普段の姿に迫っていく「シリーズ師弟対談」(不定期)。第2弾となる今回は、美浦から木村哲也調教師と大塚海渡騎手。厩務員、調教助手を経て2011年に厩舎を開業し2018年にはJRA賞最高勝率調教師、JRA賞優秀技術調教師を受賞した木村師。開業9年目、弟子を受け入れることになった経緯とは?

大塚騎手は自厩舎の馬で4月7日に待望の初勝利。これは木村師にとっても通算200勝目の区切りの勝利となりました。ダブルメモリアルを飾った師弟コンビですが、厩舎実習時代は色々とあったようで…?!

(取材・文=佐々木祥恵)

木村厩舎に決まった時、最初は衝撃が…


――まずは大塚騎手の初勝利おめでとうございます。初勝利の時のお気持ちをお聞かせください。

大塚騎手 初勝利が木村厩舎の馬でできて良かったという気持ちです。ゴールした瞬間、すごく嬉しかったです。

木村師 嬉しかったですよ。ホッとしました。3月にデビューしてあの日までウチの厩舎の馬を1頭も乗せていなかったので、申し訳なかったというのもあります。ただ彼がデビューする前から、あの馬に乗せてあの日レースに向かうというのは決まっていたんです。

――そうだったのですね。

木村師 どの馬も気を遣っていますけど、あのレースに彼が乗ると決まっていたので、口には出さなくても管理するにあたって厩舎スタッフは相当力が入っていたと思います。

ノンフィクション

▲自厩舎のリモンディで待望の初勝利!(C)netkeiba.com


――ジョッキーはもちろん、先生もスタッフも皆嬉しい勝利となったわけですね。ところで大塚騎手が木村厩舎所属に決まった経緯は何かあったのですか?

木村師 まず競馬学校から生徒を預かってもらえないかという打診があったというのが1つですね。あとは私は勢司厩舎で働いていた時期があって、彼(大塚騎手)のお父さんも勢司厩舎で助手をしていたんです。私がペーペーの頃にとてもお世話になったこともあって、それで彼が子供の頃から知っていたんです。引き受けたのは、それが大きいと思います。

――大塚騎手は木村先生の記憶はありますか?

大塚騎手 僕が本当に小さい頃だったので、あまり記憶にはないのですけど、先生の息子さんは美浦の乗馬苑のスポーツ少年団で一緒に乗馬をしていたので知っていました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング