スマートフォン版へ

GI馬再戦のNHKマイルC、2頭に割って入る馬は?

  • 2019年05月03日(金) 18時00分

トライアルVの2頭はいずれも逃げ切り、レース展開にも注目


 グランアレグリアとアドマイヤマーズの対決に注目が集まるNHKマイルC。朝日杯では後者が勝っているが、その後の経緯から前者が人気になりそうだ。
 
 そのグランアレグリアは桜花賞を快勝しての参戦。朝日杯のときは構えているうちにアドマイヤマーズに一気にやられてしまった感があった。桜花賞の勝ち方は逆転のヒントにもなったように感じる。直線の長い東京だが、早めに抜け出す強気の競馬をしたほうが良い結果に繋がるように思う。

 アドマイヤマーズは皐月賞4着からの参戦。もともとちょっと距離が長かったことに加え、残り600mから加速ラップというのはこの馬に向かないものだった。他の上位人気馬が軒並み走ってしまったこともあり、4着はまずまず好内容だと思う。皐月賞で好走できる馬ならばNHKマイルCでは能力上位。皐月賞→NHKマイルCは2、3着が多いので1着固定にはしづらいが、やはりここでは重視が必要な馬だ。

 この2頭に割って入ろうかというのがダノンチェイサー。マル外がクラシックに出られなかった時期を中心に毎日杯からここというローテが機能したが、きさらぎ賞から距離短縮でここというのも似た形態ではある。重馬場だったデビュー戦以外崩れていないことと、自分で競馬を作れる脚質であることが強調材料。正直まだ前述2頭とは差があるような気もするが、血統が血統だけにまだ開けていない引き出しがあるかもしれない。

 ファンタジストはアドマイヤマーズ以上に2000mがこたえてしまったと思うので、マイルへの距離短縮はプラス。ただ朝日杯でも4着で、当時の1〜3着馬が全て出ていることを考えるとヒモ馬としての扱いにするくらいが妥当かもしれない。距離を意識して前半は慎重な競馬をしてくると思うので、前が崩れて波乱になった場合に出番があるか。

 トライアルのニュージーランドトロフィーはワイドファラオの逃げ切りだった。ただスローだったし、過去のニュージーランド組は惜敗馬のほうが本番で機能している。展開不利な中よく追い込んだヴィッテルスバッハが馬券的には面白そう。

 もうひとつのトライアル、アーリントンカップもイベリスの逃げ切り。トライアルで逃げて結果が出た馬が2頭いるので、グランアレグリアやダノンチェイサーは道中何番手になるのか、そのあたりもこのレースのポイントになりそう。アーリントン組そのものについては、33.3秒の上がりを使ってきたカテドラルが面白そう。展開待ちにはなってしまうが、新しい競馬ができたことを今回生かしたい。

 グルーヴィットは距離延長で初距離が課題。ただ母系にはスタミナの裏付けがあるのでこなしてもおかしくはない。1週で日本のファンに名前が浸透したダミアン・レーン騎手がどういう騎乗を見せるか楽しみ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング