スマートフォン版へ

先週の競馬、そしてヴィクトリアマイル

  • 2019年05月10日(金) 12時00分

令和初週に、芳しくない出来事が続いた競馬界


 先週はいろいろなことが起こりすぎて…。

 しかも新年号になってすぐですから、何だか複雑。

 まずは東京競馬場を襲ったヒョウ。

 私は当日BS11競馬中継に出演しており、競馬場ではなかったのですが、番組中、ヒョウの中、返し馬へと向かう馬や騎手が心配に。

 また関西馬は1泊しての遠征。関東馬においては皆さん、もう1頭の担当馬の調教やケアを早朝されてきた中で東京へと入り、それでレースを待ち準備しての中止。10レース以降の関係者の方々や馬にとってはほんとに気の毒で…。

 そしてダービートライアルを今週にずらすことになったとは言え、関西馬においては輸送やローテが無謀すぎる状況下に。

 続いて早朝は、ケンタッキーダービーが降着で波乱の結末に。

 そしてNHKマイルカップが、グランアレグリアが自分の競馬ができず、なおかつ直線での出来事で降着。鞍上のルメール騎手は日本ダービー週まで騎乗停止に。

 ルメール騎手が乗れないこの時期の3週間は、特にコンビを組んできて挑もうとしていた関係者&馬にとっては大きな損失。

 私が感じることは1つ。馬にとって、その損失が最小限であってほしいなぁと願うばかりです。

 さて話をNHKマイルカップに戻しますが、勝利したアドマイヤマーズ、中間栗東で見た時よりもはるかに馬のデキがすばらしく映りました。さすが腕利き担当者の津田さん。

 心身のバランスを大事な日にあわせるのがどウマイ。

 皐月賞も素晴らしいデキでしたが、今回もステキすぎました。またミルコもそれに応えての手綱捌き。大きな2つめのG1タイトルとなりましたね。

 さて今週はヴィクトリアマイル。

 対象的な2頭となりますが、栗東から魅力を感じたのは、ラッキーライラックとレッドオルガ。

 ラッキーライラックにおいては今までと違い、最終追いきりで目一杯追ってのタイム。それでいて木曜日も穏やかな表情。今、心身のバランスが整っている印象を受けます。

 一方のレッドオルガも、前走よりもご飯を食べており、陣営も「前走以上」と。しかもこの馬はサウスポー。切れ味勝負となればチャンス十分と思います。

 それでは皆さん、週末は競馬場もしくはフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング