スマートフォン版へ

【木村哲也調教師×大塚海渡騎手】「彼から学ばせてもらっている―共にありたいという気持ち」後編 / シリーズ師弟対談

  • 2019年05月12日(日) 18時01分
ノンフィクション

▲大塚海渡騎手と木村哲也調教師の師弟対談、後編(C)netkeiba.com


師弟コンビの絆や普段の姿に迫っていく「シリーズ師弟対談」(不定期)。第2弾となる今回は、美浦から木村哲也調教師と大塚海渡騎手。「競馬学校期間中は怒鳴り倒しましたよ」と語った木村調教師。真正面からぶつかる師匠と、それに応えようと努力する弟子の姿が垣間見えました。後編では、そんなおふたりの素顔に迫り、冷静な木村調教師も思わずガッツポーズしてしまったという記念すべき初勝利の瞬間も改めて振り返ります。

(取材・文=佐々木祥恵)

全員で高め合って進化していく舎風


――競馬学校時代の大塚騎手のどのようなところに、気持ちの面での物足りなさが見受けられたのですか?

木村師 周りの目が気になって、結局恥ずかしがるんですよ。周りに何と言われようと、どんな目で見られてもやらなきゃいけない、パフォーマンスをしなければいけないことがあると思うのですが、その域に入っていこうとしないんです。だから大仲(厩舎の休憩所)で大声を出す練習をさせました。はいっていう返事を大声で言えないんです。

――自分の殻をなかなか破れなかったのでしょうか?

木村師 そう思いますよ。僕が怒るようにけしかけても、怒らないですしね。多分それまで彼が生きてきた中で、そのようなシチュエーションに遭遇していないから、大声を出したり、怒ったりする必要性がなかったんだと思います。それはしょうがないですよね。でもこれから先はそうしてもらわなければ困りますから。そうしてもらわざるを得ない手段として、けしかけたのですけど、当時はできなかったですね。

――その時、大塚騎手はどのような心境でしたか?

大塚騎手 自分に騎手になりたいという気持ちがあったので、自分のためにもなりましたし、周りが応援してくれていたのでひたすらやり続けるしかない、やってみるしかないという気持ちでいました。あの当時は、やはり自分の殻を破れていなかったということだと思います。

――先生からご覧になって、今はいかがでしょう?

木村師 多分言われた意味はわかっていると思いますし、その部分は今は変わってきていると思いますね。

大塚騎手 わかっているんですが、今でもまだそこは、いざという時に自分がどうなるか自信を持てるところではないので、これからもっと良くしていかなければならないと思っています。 

木村師 唯一の心配はそこですね。

――話を聞いていると先生も正面からぶつかっている、対峙されているなと感じました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング