スマートフォン版へ

【北村友一騎手】(前編) 悔しさ残る高松宮記念から1週間後、大阪杯で悲願のGI初制覇

  • 2019年05月15日(水) 18時02分
今週のface

▲大阪杯でGI初制覇を飾った北村友一騎手 (C)netkeiba.com


今春のGIで、有力馬が立て続けに控えている北村友一騎手。特に1番人気のダノンスマッシュで挑んだ高松宮記念は、自身の初GI制覇の最有力かと思われていましたが、結果は4着。翌週には乗り替わりが告げられたといいます。

悔しさが消えないものの、気持ちを集中させ、アルアインと共に挑んだ大阪杯。見事に勝利し、プロのプライドを結果で示しました。GIジョッキーになるまで、なってからの心の変化を、赤裸々に明かします。

(取材・文=不破由妃子)


乗り替わりを告げられたことで、より競馬に集中した面も


──大阪杯で悲願のGI初勝利、おめでとうございます!

北村 ありがとうございます。

──アルアインには天皇賞・秋(4着)以来となる3度目の騎乗でしたが、どんな手応えを持って臨まれたのですか?

今週のface

▲アルアインには天皇賞・秋(4着)以来となる3度目の騎乗だった (C)netkeiba.com


北村 もともと高い能力を持っていますし、乗り味もすごくいい馬なんですが、けっこう気難しくて。そのあたりが上手く噛み合えばいいなと思っていました。ただ、勝てるまでの手応えがあったかというと…。正直、そこまでの自信はありませんでしたね。

──3枠3番で、ひとつ外にエポカドーロがいて。絶好の枠順、並びだったのでは?

北村 そうですね。本当にいい枠でした。隣のエポカドーロが行って、その後ろからついて行ってという、イメージした通りの競馬ができましたね。

今週のface

▲ゴール後、勝利をかみしめているかのような北村騎手 (C)netkeiba.com


──レース後のインタビューでは、いろいろな思いを噛みしめながら答えていらっしゃるように見えました。やはり込み上げてくるものがありましたか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング