スマートフォン版へ

【北村友一騎手】(後編) 次なる舞台は2戦2勝の東京! 桜花賞3着のクロノジェネシスとオークスへ

  • 2019年05月16日(木) 18時02分
今週のface

▲桜花賞3着のクロノジェネシスと挑むオークスへの手応えは? (C)netkeiba.com


今春のGIで、有力馬が立て続けに控えている北村友一騎手。1番人気のダノンスマッシュで挑んだ高松宮記念は残念ながら4着だったものの、アルアインと共に挑んだ翌週の大阪杯で見事GI制覇。さらに翌週の桜花賞ではクロノジェネシスで3着に入りました。

クロノジェネシスは、デビュー戦を終えた時点で「この馬はどこにでも乗りに行きます!」と宣言したほどほれ込んだ逸材。次なるオークスの舞台は2戦2勝の東京、決め手が生きる舞台です。距離延長を含め、ポイントとなるのはどこなのでしょうか?

(取材・文=不破由妃子)


リラックスさせることを最優先に、ゲートインまで細心の注意を


──今週はいよいよオークスです。パートナーであるクロノジェネシスについていろいろ伺っていきたいのですが、まずは桜花賞から振り返っていただけますか?

北村 前哨戦のクイーンCをすごくいい内容で終えられたので、イメージ的にはクイーンCのようなレースができればと思っていました。2枠4番という枠もよかったんですけどね。

──好スタートから前目に付けましたが、その後、接触がありましたよね。

北村 はい、3コーナーの入口で。ゲートはしっかり出てくれて、グランアレグリアの後ろという一番いいところを取りたかったんですけど、外の馬もそこを取りたかったでしょうから、その過程で少し寄られて接触する場面がありました。そこで僕の馬は少しトモを落として、バランスを崩すような形になってしまって。そのぶん、ポジションが一列下がってしまったんですけどね。

──それが競馬といえばそれまでですが、直線で外に出してからの伸びを思うと痛恨でしたね。

北村 そうですね。まぁバランスを崩したあとにもう一度リズムを整えて、直線に向いてからは本当にしっかり反応してくれましたから。そのあたり、やっぱりポテンシャルが高いなと思いますね。

──桜花賞の前に斉藤(崇史)先生にお話を伺ったんですが、デビュー戦を終えた時点で「この馬はどこにでも乗りに行きます!」とおっしゃったとか。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング