スマートフォン版へ

ロジャーバローズなどダービーのパドックではここを見よ!(1)

  • 2019年05月23日(木) 17時08分
パドック

日本ダービー出走馬の前走パドック映像から各馬の特徴とレース当日にパドックを見る際のポイントを、netkeiba特派員が匿名トラックマンに取材し、1枠1番からお届けします。

※ヴィントについては前走のパドックでの特徴と当日のポイントのみとなります。あらかじめご了承ください。


1枠1番 ロジャーバローズ

牡3 前走 京都新聞杯2着



 割と馬格のあるディープインパクト産駒だが、まだ心身のバランスが整っていない印象は受ける。スプリングSはリズムを崩すシーンが多く若さを見せてしまったが、京都新聞杯はなだめつつとはいえ多少なりとも集中力がアップ。立て直した効果はあったようだ。

<日本ダービーでのポイント>
 ダービーにあたっては心配の方が大きいが、テンションが上がることなく我慢できていれば能力はしっかりと出せそうだ。

1枠2番 ヴィント

牡3 前走 3歳500万下1着


 連闘でも歩様の窮屈なところは感じさせず、伸びのある歩様で活気も十分。まだまだ成長の余地は残すが、2歳時の踏み込みの浅さが解消されている点は、トモがしっかりとしてきた証。使い込んで力を付けているので、タフなローテーションにも耐えられる。

<日本ダービーでのポイント>
 初の関東遠征となるので、いつも通りに落ち着きがあって集中した周回ができていることを望まれる。

2枠3番 エメラルファイト

続きはスーパープレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング