スマートフォン版へ

【目黒記念】持続力ある末脚が必要な東京芝2500m戦 トニービンの血を引く馬が毎年連対中

  • 2019年05月19日(日) 18時00分
東京芝2500mの重賞といえば目黒記念とアルゼンチン共和国杯だが、スワーヴリチャード、フェイムゲーム、シュヴァルグラン(いずれも父ハーツクライ)、ウインテンダネス(父カンパニー)、ムイトオブリガード(父ルーラーシップ)、ノーブルマーズ(父ジャングルポケット)、アルバート(父アドマイヤドン)と、最近はトニービンの血を引く馬が必ず連対している。取り上げた5頭でトニービンの血を引くのはムイトオブリガードだけ。(解説:望田潤)


ブラストワンピース
 菊花賞2着アルナスラインが出る牝系で、母ツルマルワンピースはトライマイベスト=エルグランセニョール4×3。自身はデインヒル≒エラティスのニアリークロス3×3。ハービンジャー×キングカメハメハはモズカッチャンと同じ。大きな体躯から繰り出すナスペリオン的なナタの斬れが武器で、あまり小器用なケイバはできない。有馬記念は渋った外差し馬場だったが、本来は東京向きであとはハンデがカギ。
距離○ スピード○ 底力◎ コース◎


ムイトオブリガード
 トレジャーやロードクロノスの甥で

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング