スマートフォン版へ

2強の両馬が外枠からの発走となる安田記念

  • 2019年05月31日(金) 18時00分

良い枠を引いた馬と地力で勝る馬のどちらを評価するか


 アーモドアイvsダノンプレミアムが注目を集める安田記念。しかし両馬ともに外枠を引いてしまった。これが結果にどう影響を及ぼすか。

 アーモンドアイは久々のマイル戦になるが、もともと距離は2000m以下のほうが良いタイプではないかと思う。問題は、いまの馬場と、位置がどこになるか。2400mでレコードを出した馬だがマイルでの速いタイムはまた別なものだ。また、外枠+マイルの速い馬がいることを考えると、桜花賞のように後ろからの競馬になる可能性もある。その桜花賞では勝っているが、いまの東京の馬場でそれが可能かはやってみないと分からない。

 ダノンプレミアムにとっての外枠は痛い材料になりかねない。3歳以降に出走したマイル戦はマイラーズCだけで、そのマイラーズCは3F通過が36秒、5Fが60.3秒のスロー。馬場差云々とは関係なく遅かったことは間違いなく、全く違う流れで戦う一戦になる。枠もこれまでの多頭数戦では1番か2番しか引いたことがない。15番から好位に行ってペースにも対応できるのか、それとも差し競馬を試みて成功できるのか。能力自体はある馬だからそこが注目だ。

 逆に良い枠を引いたのがアエロリット。昨年以降の東京芝1600m戦は内枠馬と逃げ・先行馬が結果を出している。ヴィクトリアマイルではさすがに無茶な逃げを打ちすぎたが、今回は他にハナ候補がいないのに加え、自身は絶好の枠。スタート五分ならかなり良い形が作れそうだ。

 ステルヴィオは昨秋のGIを制しているわけだから、ここでも有力視されるべき1頭。ただ大敗直後の馬というのはリスクのあるもの。そことのバランスで馬券上の扱いを決めたい。

 インディチャンプは枠が良いし、決め手はある。この枠なら慌てて外に持ち出すのも損。決め手はある馬なので、直線スムースに捌けるかどうかだろう。

 サングレーザー、ペルシアンナイトはともにステルヴィオと同様、大阪杯大敗から巻き返しをはかる実績馬。両方とも馬券に絡みそうな、そうでもないような……という微妙な線。1頭だけ選ぶなら枠のぶんだけサングレーザーか。

 モズアスコットは昨年の覇者でありながら人気が落ちそうだが、前走は展開を考えるとノーカウントにしてよいもの。あまりに人気が落ちるなら、ヒモには入れておきたい。

 フィアーノロマーノは東京に良績が無いものの、1400mでも位置を取れるスピードがあるのでいまの馬場には合いそう。脚質的にはロジクライも魅力的なのだが、こちらはさすがに枠が遠い気もする。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング