スマートフォン版へ

【ユニコーンS】デアフルーグ、ダート王への第一歩! 愛弟子・津村明秀騎手と重賞を

  • 2019年06月09日(日) 18時01分
ノンフィクションファイル

▲師弟での重賞初制覇を狙う(左)鈴木伸尋調教師と(右)津村明秀騎手 (C)netkeiba.com


今から11年前の2008年、ユニコーンSを勝ったのは鈴木伸尋厩舎のユビキタスだった。2着馬に7馬身差をつける大物感たっぷりの勝ちっぷりに、ダート界のホープと誰もが期待を寄せたが、喉鳴りによって競走馬生命を絶たれてしまった。

そして今年、鈴木厩舎からダート界の新たなスター候補が現れた。デアフルーグ(牡3)だ。前走の青竜S(3歳OP)では、最内枠が響いてデュープロセスのクビ差2着と初めて他馬に先着を許した。だが陣営はあの敗戦に悲観はしていない。雪辱を果たすべく、調整も至極順調だ。鈴木調教師に初めてデアフルーグに出会った頃から今に至るまで、じっくりと話を聞いた。

(取材・文=佐々木祥恵)


師も心配した新馬戦は、後続に9馬身差をつける圧勝劇


 鈴木師がデアフルーグを初めて見たのは、当歳の時だった。

「これまでこの馬の兄や姉を多く管理してきたこともありますし、良い馬がまた生まれたというお知らせがあったので、隆栄牧場に見に行きました」

 この兄弟の中で当歳時に1番良く見えたのは、デアフルーグの1つ上の兄のショーム。

「ズバ抜けて良い馬だと思いました。それに比べてデアフルーグは、脚が長くて体も少し薄く、どちらかというと華奢なタイプでしたね」

 鈴木師に話を伺う前に厩舎で写真撮影をさせてもらったのだが、3歳になった現在でもダート馬にしてはスラッとした体型をしており、筋骨隆々という体付きには映らなかった。

 師によるとまだまだ伸びしろはあるといい、現段階でも成長途上。だが昨年12月のデビュー前から調教では良い動きを披露しており、新馬戦でも1番人気に推されていた。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング