スマートフォン版へ

【日本ダービー制覇!!】浜中俊×藤岡佑介(後編)『連続2着の悔しさ見せず…戸崎圭太騎手の超絶紳士なエピソード』

  • 2019年06月12日(水) 18時02分
with 佑

▲後編では、ダービー勝利の裏側でのサイドストーリーを語ります (撮影:山中博喜)


二冠への期待を背負ったサートゥルナーリアが、1.6倍の支持を集めた第86回日本ダービー。詰めかけた11万人の大観衆の前を先頭で駆け抜けたのは、サートゥルナーリアの同厩で浜中騎手が騎乗する、12番人気のロジャーバローズでした。2ケタ人気馬のダービー制覇は53年ぶり。

公私共に親しくしている可愛い後輩・浜中騎手の栄光を、ふたりで振り返るという今回の企画。後編では、ダービー勝利の裏側で繰り広げられていた、様々なサイドストーリーを追います。

(取材・文=不破由妃子)


師匠への報告、涙で会話を続けられなくなり…


──戸崎さんは、昨年(エポカドーロ)に続いて僅差の2着。その悔しさたるや察するに余りありますが、ゴールした直後、そんな戸崎さんに浜中さんは…。

浜中 「僕、勝ってます?」って2回も聞いてしまいました(苦笑)。今はそんな自分に対して「空気読めなさすぎ!」って思いますけど、そのときは僕も相当テンパっていたので…。でも、戸崎さんは馬上でもすぐに握手してくれて、検量室に戻ってからも、もう一度握手してくれたんです。

佑介 そのときの画像が話題になってたよね。戸崎さんにしてみれば、去年も今年もめちゃくちゃ上手に乗ってはって、それでも届かへんかったわけで…。悔しいなんてもんじゃないと思うよ。でも、戸崎さんはそれを見せない。ホンマに紳士だと思う。すごいよね。

with 佑

▲前を捕らえにかかる戸崎騎手騎乗のダノンキングリー (撮影:下野雄規)


浜中 はい。いつでも紳士ですよね。

佑介 そういえば戸崎さん、このコラムを読んでくれているらしいので、この場を借りて…「ご出演、お待ちしてます!」(笑)。

with 佑

▲「戸崎さんはホンマに紳士」と佑介騎手 (撮影:佐々木祥恵)


──しっかりアピールしておきましょう(笑)。先ほど佑介さんがおっしゃった戸崎さんと浜中さんの握手のシーンも話題になりましたが、もうお一方、浜中さんのダービー制覇をより感動的なものにしてくださったのが、師匠である坂口正大先生です。当日は『競馬BEAT』にご出演されていて、うれしさのあまり言葉にならない先生の姿が多くの競馬ファンの胸を打ちました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング