スマートフォン版へ

渋る馬場と乗り替わりで混戦模様/ジューンS

  • 2019年06月14日(金) 18時00分

ディープ産駒が多い組み合わせで浮上するのは…


 週末は天候に恵まれそうになく、とくに土曜日は全国的に雨の予報が出ている。渋った馬場で連対記録があるのは約1年1カ月ぶりになる4歳サトノソルタスが、2歳秋の新馬1800mを勝っているだけ。渋馬場を想定しておきたい。3場開催になり10頭中9頭が前走とは乗り替わる難しさもある。

 5歳スパイラルダイブ(父マンハッタンカフェ)は、骨折休養などがあり、3歳夏まで満足できる状態ではなく【0-3-0-2】。公営園田に転出して2連勝し、JRAに復帰した馬。そのあとは大事に使われ【3-1-0-1】。底をまだみせていない魅力がある。人気馬のテン乗りが多いが、スパイラルダイブ(戸崎圭太)はテン乗りではない。

 前回は、ここに5頭も出走している「府中ステークス2000m出走組」の4着馬だが、最先着の2着シンギュラリティとは0秒1差だった。休み明けに加え、500万平場→1000万平場と2連勝して一気に相手強化の1600万特別を考えれば、秘める能力No.1を示したといえる内容で、実際、上がり33秒2は最速だった。

 スパイラルダイブには、Steelin'スティーリン(牝。父Orientate。USA)という短距離タイプのイトコがいる。その産駒が今春から日本で種牡馬入りしたシャンハイボビー(父はStorm Catの孫世代のHarlan's Holiday)。

 先週、マスターフェンサーがちょっと残念な5着だったダート12FのベルモントSが行われ、そこにシャンハイボビー産駒のジョービアJoevia(母の父War Front)が出走していた。父母両系の成績、血統からちょっと距離が合わないのではないかと判断され、最低の10番人気だった。

 ところが、途中まで単騎スローの逃げだったこともあるが、ジョービアは少差3着に粘り込んで波乱を呼んでいる。日本の多くの関係者やファンが注目していたレースなので、種牡馬シャンハイボビーの評価は思わぬところで上昇することとなった。

 マンハッタンカフェ産駒のスパイラルダイブが渋馬場OKとはいえないが、母方は非力なファミリーではない。ディープインパクト産駒が多い組み合わせも、馬場が渋ったら有利だろう。人気のシンギュラリティは素晴らしい動きをみせた。いつになく追い切りの動きが光ったのはヒストリア。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング