スマートフォン版へ

【緊急深掘りコラム】JRA激震…禁止薬物による156頭の競走除外は、なぜ起こったのか

  • 2019年06月15日(土) 20時00分
教えてノモケン

▲競馬場の「函館スプリントS」のモニターに「取消」の文字が並ぶ (撮影:小金井邦祥)


 中央競馬の厩舎に広く流通していた飼料添加物「グリーンカル」から、禁止薬物のテオブロミンが検出され、6月15、16両日に出走を予定していた156頭が、一括で競走除外となった。

 薬品を始め飼料や添加物、サプリメントなど、競走馬の口に入るものは全て、流通前の段階で公益財団法人、競走馬理化学研究所の検査を受ける必要がある。だが、問題の製品は昨年12月から流通していたのに、今年4月になって販売元の日本農産工業(横浜市)が検査を申請。

 6月14日午後の段階で同研究所から禁止薬物検出という結果が通知され、慌ててユーザーの厩舎側に回収を申し入れる過程で事態が表面化した。お粗末な過程としか言いようがないが、一方で現在の薬物規制の存在意義を考えさせる部分もある。

最悪のタイミングで発覚


 JRAによると、飼料添加物の場合、「ロット」と呼ばれる製造・出荷単位が変わるごとに検査が必要で、検査は通常、年数回という。ところが、同社が今回のロットの検査を依頼したのは4月。

 また、製品は卸業者4社を通じて流通していたが、各社はロットの番号や検査済みかどうかなどを確認もせずに販売した。JRAは「この経緯自体が異常」としており、週明けに本格化する調査では、検査が遅れた経緯、理由が焦点化しそうだ。

 それにしても、出馬投票を受け付け、各競走の出走馬が確定した翌日の金曜午後という段階で、こんな重要な問題が表面化するという過程は、にわかには理解できない。週の前半か半ば、少なくとも出馬投票前に検査結果が通知されないと、施行者も厩舎も対処の仕様がない。

 元を正せば、販売元が4カ月も遅れて検査を依頼したのが問題だが、該当厩舎に所属していても、個々の厩務員の判断などで、実際には問題の製品を口にしていない馬も競走除外となった。全頭検査をする時間がなかったための窮余の策だが、多くの関係者に損害が及ぶ大事故に発展した。

 同研究所としても、依頼から約2カ月後だったことを考慮し、いち早く伝達した結果だったと思われるが、タイミングが最悪だった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

コラムテーマ募集
教えてノモケン! / 野元賢一
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年1月19日、東京都出身。87年4月、毎日新聞に入社。長野支局を経て、91年から東京本社運動部に移り、競馬のほか一般スポーツ、プロ野球、サッカーなどを担当。96年から日本経済新聞東京本社運動部に移り、関東の競馬担当記者として現在に至る。ラジオNIKKEIの中央競馬実況中継(土曜日)解説。著書に「競馬よ」(日本経済新聞出版)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング