スマートフォン版へ

可愛くて強くて優しい“白面”の馬、メイクアップのありし日の姿

  • 2019年06月18日(火) 18時00分
馬ニアックな世界

▲右半分だけ真っ白という可愛らしいお顔でとてもファンの多かったメイクアップ(2017年11月撮影、馬房にて)


右半分だけ真っ白な顔。まるで舞妓さんがお化粧をしたように見えるメイクアップ(牡8、栗東・谷潔厩舎)が6月15日、東京4レース障害未勝利戦で左第1指関節開放性脱臼により残念ながら予後不良となりました。

 私自身も大好きな馬でした。そして、とてもファンの多かった馬でもあります。今回のコラムではメイクアップのありし日の姿をみなさんと一緒に思い出せたらと思います。


人の言葉を理解しているようだった


 青森の八戸市場で取引されたメイクアップを担当の木埜山賢厩務員が初めて見たのは、2歳で入厩してくる時でした。

「オレハマッテルゼの仔だと(谷潔)先生から聞いて、当時は産駒のハナズゴールが活躍していたのでいい印象を持ちました。検疫厩舎に行くと1頭、顔が真っ白な馬がいて、可愛いというよりちょっと怖いなと思って見ていたら、それが担当するメイクアップでした(笑)」

馬ニアックな世界

▲木埜山厩務員とメイクアップ(2017年11月撮影)


 珍しい白面の馬。顔の左半分は鼻筋に流星が通っている普通の顔に見えますが、反対側は真っ白。そのため

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング