スマートフォン版へ

【宝塚記念】敢然とレイデオロを無印に! ◎リスグラシューで効率の良い馬連GET!

  • 2019年06月25日(火) 18時00分
予想の頭脳

3番人気→1番人気→6番人気の順で決まった今年の宝塚記念。勝敗を分けた大きな要因は?


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。初回の今回、取り上げるレースはもちろん、上半期を締めくくるグランプリ・宝塚記念です。3番人気に推された紅一点リスグラシューが、見事に昨秋のエリザベス女王杯に続く2つめのタイトルをGET。ハナを奪った1番人気のキセキは2着、3着は昨年の大阪杯を勝った6番人気スワーヴリチャードという結果に。比較的、堅く収まった今年の宝塚記念を的中した予想家たちの“頭脳”に迫ります!

レイデオロをバッサリ切って、馬連わずか4点で仕留める!



 まず取り上げるのが、『俺プロ』出身のリヴェールさん。週中のニュースでは、勝ち馬のイメージを「荒れた内を避けて外から差してくるタイプの馬」と予告。

 実際、レイデオロ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、ショウナンバッハと4頭の候補をあげていたなかで、「2400mについても海外で連対実績あり。陣営より体高が伸びたというコメントが出ていることから距離適性が長くなったことも想像できる。初騎乗となる鞍上との相性も良い」と評価したリスグラシューを本命に据え、馬連をわずか4点で鮮やかに仕留めました。

 もう1頭の◎候補レイデオロを、「極端な内枠のうえに、当日の同条件の競走にルメール騎手の騎乗馬がいない」という理由で、相手候補からもバッサリ切った潔さも見事でした。予想結果はこちら

予想の頭脳

一番来そうな組み合わせに厚く張る資金配分もお見事だった。



馬の“格”が最終決断の決め手に



 単勝、複勝、馬連、3連単と的中した東スポ・山河浩記者は、馬の“格”に注目。穴党らしく、当初は今年も昨年の3着馬ノーブルマーズに本命を打つつもりでしたが、ローテーションが狂ったことを嫌い、リスグラシューに◎。

「海外での強敵相手の奮闘は着順以上の評価が可能。ならば、昨年ワーザー以上のパフォーマンスも期待でき、今年はアタマから勝負しても無理筋ではない」と、昨年の海外実績と相手関係を考慮したのが奏功しました。予想結果はこちら

予想の頭脳

◎リスグラシューの揺るぎない信念が、単複、馬連、3連単の的中ラッシュを生んだ。



今春の福島開催で回収率365%を記録した“ローカルの鬼”



 最後に、今週から始まる福島開催でオススメの予想家を紹介。

 前回の福島開催で回収率365%を達成した夏目耕四郎氏。コースと各馬個別のラップタイムのバランスから適性を分析する「ギャップレート理論」の提唱者で、勝負強い予想には定評があります。年間回収率も103%とプラス収支をキープ。

 今春の福島開催で行われた浄土平特別(芝1800m)では7番人気馬に敢然と◎を打ち、17万強の払戻しを計上。今週末の福島メイン・ラジオNIKKEI賞と同条件だけに、心強い味方になってくれそうです。

「通知設定」機能が便利です。夏目耕四郎をお気に入り登録して、予想公開情報を逃さずキャッチしよう

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング