スマートフォン版へ

ディープ×アパパネの12冠ベビー&元気で生真面目なエピファネイア産駒たち/丹下日出夫

  • 2019年07月01日(月) 20時01分
クラシックホースを探せ!

▲スーパープレミアムコースご登録でダイジェスト映像がご覧いただけます


【丹下日出夫のPOG手帖】『POGの王道』でおなじみの丹下日出夫が、ダイジェスト映像とともに週末に行われた全2歳戦のなかから、今後クラシック戦線で有力になるであろう若駒たちをピックアップしてご紹介! 中京・福島開催が始まった今週は、ディープインパクト×アパパネの仔や丹下氏も「元気に生真面目に走る仔が多い」と評するエピファネイア産駒が登場。とはいえ丹下氏の評価はまずまずといったところで、日曜日に関しては評価の下しづらい雨競馬。次走以降への期待を含ませつつ、今週は計7レースを振り返っていきます。(※評価はS〜Eの6段階)


ラインベック(牡・ディープインパクト×アパパネ)


■29日(土):中京5R・新馬/芝1600m/1分39秒2

 パドックは二人引き。ただしイレ込んだ感じはなく、大事をとってのもの。発馬は上手、すぐに2番手。1000m通過・65秒2の緩ペースにも、水平首でコントロールが効いていた。

 上がり3Fのレースラップは12秒1-10秒7-11秒2(34秒0)、正味2Fの上がり勝負になったが、後続を1馬身余に封印。デビュー戦の印判は、よくできました。

 しかし、たとえばワグネリアンは、この時期の中京2000mを上がり32秒6で一閃している。

 サイズは462キロ、脚の長さを見ると、あまり大きくはならないかもしれない。腰に肉がつくかどうか。ペースアップへの対応、瞬発力をさらにどう磨き上げるか。案外距離は長いほうがいいのかもしれない?

 レース後のコメントで、「次」という言葉を強調されていましたが、育てて進化させる――これからの決意が伝わってきた。【評価D/適性・芝1800m】

エレナアヴァンティ(牝・アドマイヤムーン×ドリームカムカム)


■29日(土):福島5R・新馬/芝1200m/1分9秒5

 母はオープンの福島民友C勝ちを含め8勝。ローカル1200mに印象的な活躍歴がある良績スプリンター。父にアドマイヤムーンを迎え、配合イメージ通りのスピード馬が誕生。

 湿った芝で、

続きはスーパープレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba.comが送る競馬動画配信サービス。ドキュメント・バラエティ・インタビュー・予想など、様々な角度から企画を展開するとともに、“最旬”を捕らえたシンプルかつ丁寧なクオリティを追求!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング