スマートフォン版へ

先週に似た馬場の場合、例年と異なる傾向になりそうな中京記念

  • 2019年07月19日(金) 19時00分

馬場状態次第で注目すべき血統は変わる!


「1頭の種牡馬を覚えれば競馬は勝てる」こともある、、、と常々書いていますが、先週はダンチヒ○×が特に有効な週でしたね。

 まずは当コラムでも取り上げ最終予想でも本命にしたマイスタイル。ダンチヒの○×の影響を受ける馬で3着以内と凡走を繰り返す馬。

 前走は凡走(×)で函館記念は型通りに快勝しました。

 そして、平場のレースでも○×は危険な人気馬を軽視するのに役立ちました。先週は人気のフランケルが2頭馬券圏外に消えたのですが、いずれも公開している予想にて「危険な人気馬」に指名した馬。(限定公開の場所は「亀谷敬正のホームページ」を参照)

 フランケルはダンチヒの血を持つ馬。激走後に凡走をするタイプも多く、危険な人気馬に指名した2頭はいずれも前走で激走(○)した馬。今回は凡走(×)の可能性が高いパターンでした。

 特に快心だったのは7月13日の中京8レース。本命が1着。対抗が2着。4番手が3着。危険な人気馬に指名したダンチヒ持ちの1人気は馬券圏外になりました。

 このレースはダンチヒの○×だけではなく「キングマンボ馬場」も利用しました。1、2着はいずれもキングマンボ系のキングカメハメハ。

 この日の中京芝は「まとめて走るキングマンボ」も炸裂。同コースで行われたメインレース(マレーシアC)も父か母父キングマンボ系が1-3着を独占で3連単は25万馬券!

 なお、このレースに出走した父か母父キングマンボ系は4頭(亀谷敬正ホームページで無料公開している「スマート出馬表」では父と母父の系統も確認できます)「亀谷競馬サロン」や「亀谷Twitter」にも多数の的中報告を頂戴しました。

 先週の中京芝で「内のキングマンボバイアス」や「内のパワー血統バイアス」が発生したのは、雨の影響で「外のスピード型」が能力を発揮しづらい馬場だったから。

 その影響で「外のスピード型」も多いディープインパクト産駒は連対できませんでした。

 今週も先週同様、雨の影響を受けてパワー型馬場になるようでしたら「内のパワー型」血統を重視することになります。

 グルーヴィットは父がキングマンボ系のロードカナロア。さらにダート実績もあるパワー型。「内のパワー型」有利な馬場なら積極的に狙える馬。

 クリノガウディーも父も馬力型のスクリーンヒーロー。母父もダート的なパワー馬場も歓迎のディアブロ。タフな馬場で行われた年末の朝日杯FSは最内枠で2着。内のパワー馬場を好む馬。

 なお、もしも天気予想がハズレて例年通りに「スピード型の末脚」が決まる馬場のようでしたら単行本「重賞ビーム」などに書いてあるような、例年通りのパターンに該当する馬が有利になるでしょう。

動画チャンネル「血統の教室」公開中 血統のカリスマ・亀谷敬正が血統にまつわるギモンに一発回答!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング