スマートフォン版へ

【横山武史×藤岡佑介】第1回『子供の頃、父・横山典弘騎手はとにかく怖い存在だった』

  • 2019年07月24日(水) 18時02分
with 佑

▲共に北海道滞在中の横山武史騎手と藤岡佑介騎手 (撮影:山中博喜)


佑介騎手が開催リーディングに輝いた函館競馬。今週から舞台は札幌へ。ますます熱気高まる北海道から、佑介騎手と共に現地滞在中の横山武史騎手をゲストにお迎えしてお届けします。

武史騎手はデビュー3年目。同期は川又賢治騎手、木幡育也騎手、富田暁騎手、武藤雅騎手。そして、父は横山典弘騎手。そんな武史騎手を、かねてより注目していた佑介騎手。今回の対談では、横山家のヒミツと武史騎手の類まれなるプロ根性が明らかに。

まずは、佑介騎手と武史騎手の出会いから。それは今から遡ること10年以上も前。佑介騎手は当時の武史騎手を一目見るなり、強烈なインパクトを受けたと言います。

(取材・文=不破由妃子)


横山典弘騎手が「一番俺に似ている」と


武史 佑介さん、今日は呼んでいただいてありがとうございます。よく厩舎のみなさんに「お前は喋れば喋るほどボロが出るから、あんまり喋るな」って言われるので、発言に気を付けないと…(苦笑)。

佑介 そんなに気を遣わなくても大丈夫だよ(笑)。

──まずはおふたりの関係性から。所属は東西で離れていますが、佑介さんも武史さんも夏場は北海道。やはり武史さんには1年目から注目していたのですか?

佑介 正直、1年目の武史はあんまり記憶に残ってないんですが、去年の札幌で同じ馬に乗る機会があって、そこからよく話をするようになって。

武史 クリーンファンキーですよね。佑介さんが乗って勝ったあと、僕も同じ馬で勝って。自厩舎(鈴木伸尋厩舎)の馬だったので普段からよく見ていたんですけど、佑介さんが勝ったのを見て、やっぱり巧いなぁと思ったんです。そこからよくお話するようになりましたよね。

佑介 うん。そもそも2年目に入ってからの武史は思い切りの良さが目立っていたので、伸びてきそうだなと思いながら注目してたよ。でもそれ以前に、武史とは10年以上前に会ってるからね。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング