スマートフォン版へ

2019ひと夏の出会い―関係者やトラックマンが推す1頭!(2)

  • 2019年07月28日(日) 18時01分
馬ラエティBOX

UHB賞出走予定のユキノアイオロス(撮影:下野雄規)


梅雨が長引き、なかなか夏空が広がらない今年の7月ですが、競馬界はただいま夏競馬真っ只中。ローカル開催となると、G1もなく「秋まで競馬はお休みします」という方もちらほら…。しかし、秋のGI戦線で活躍する上がり馬や、次世代のスター候補が頭角を現しはじめるのもこの季節。ということで、東西の厩舎関係者やトラックマンに札幌開催に出走を予定する注目馬をピックアップしていただきました! 第2回は、8/3(土)、4(日)の出走予定馬をご紹介! 応援馬を見つけながら、夏競馬をもっと楽しみましょう!

※7月上旬の取材時の予定ですので、出走レースは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

(取材=美浦・佐々木祥恵、栗東・大恵陽子)

◆ヒルノマリブ (牝2・北出成人厩舎)
8/3(土) 5R 2歳新馬(芝1200m)予定


北出成人調教師

 うちの厩舎にいたイイデフューチャーやイイデステップの妹になります。厩舎ゆかりの血統ですね。お姉ちゃんのイイデメモリーは560kgある大きな牝馬だったんですが、この馬は500kgいかないくらいでしょうか。お母さんが大きいので、ちょうどいいサイズになりそうです。お父さんはゴールドアリュール。血統的に芝・ダートともにいける万能タイプですが、兄姉はほぼみんなブリンカーを着用するなど少し気難しい面もあります。恐らくこの馬は芝でのデビューになるんじゃないかと思います。



◆ポップシンガー (牝5・鈴木伸尋厩舎)
8/3(土) 10R 桑園特別(ダ1000m)予定


某スポーツ紙・某記者

 前回3着(函館・3歳上2勝クラス)は、チークピーシーズを着けた効果があったようです。芝ダート兼用の馬で洋芝も合いますので、芝の短いところを使ってくる可能性もありますが、1200mになると終い少し甘くなる感じがしますし、3走前に新潟の千直(邁進特別・1000万下)で3着に入ってるように距離が短ければ短いほど走る馬なので、ダート1000mが狙い目ではないかと思います。



◆ペレ (牝3・奥村武厩舎)
8/3(土) 8R 牝馬限定(芝1800m)か、8/11(日) 9R(芝1800m) ※馬の仕上がり具合によって


馬ラエティBOX

(撮影:下野雄規)


奥村武調教師

 仕上がり次第では使わない可能性もありますが、札幌の芝1800mを目標にしています。血統的(母ホットチャチャは北米6勝GI勝ちあり、産駒にエタリオウ・菊花賞2着など)にも期待していますし、能力的にも1勝クラスでは負けられない馬だと思っています。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング