スマートフォン版へ

【横山武史×藤岡佑介】第2回『父の言うことを聞いて育ってきた、でも乗り方だけは曲げたくない』

  • 2019年07月31日(水) 18時02分
with 佑

▲佑介騎手も思わずうなった武史騎手のプロ根性が明らかに (撮影:山中博喜)


横山武史騎手をゲストにお迎えした今回の「with 佑」。第2回は、競馬一家である横山家の親子関係に迫ります。長男の和生騎手と三男の武史騎手が、横山典弘騎手と同じ騎手に道に。騎手の大先輩である父と、真正面から向き合う武史騎手の姿勢。佑介騎手も思わずうなったプロ根性、その深意とは?

(取材・文=不破由妃子)


息子のレースを見守るときの“横山典弘”は…?


佑介 和生や武史が他場で乗っているときのノリさんの様子、人伝に聞いたことある? もうね、めちゃくちゃ応援してるからね。

武史 らしいですね。僕にはまったくそんな様子は見せませんけど。この前、全然人気のない馬でメインレースを勝ったんですよ(6月29日・TVh杯・パラダイスガーデン14番人気1着)。自分では完璧な騎乗だと思ったので、「よっしゃ、今日は父に褒めてもらえるだろう」と思って楽しみにしていたんです。

 で、父から電話が掛かってきたので、真っ先に「どうだった?」って聞いたら、「おう、よかったな。それよりお前さ……」みたいな感じで、ほかのレースのことでめっちゃ怒られて。メインレースについては「よかったな」の一言で終わりました(笑)。

with 佑

▲武史騎手「よっしゃ、今日は父に褒めてもらえる! って楽しみにしていたのに…」 (撮影:山中博喜)


佑介 心のなかではめっちゃ喜んでるだろうけどね。でも、俺はそのノリさんのスタンスはすごくいいと思う。だって、ノリさんから「すごい、すごい」って褒められたら、絶対に調子に乗るだろ?

武史 間違いないです! 僕、勝ったときもそうなんですけど、喜びを隠せないので(笑)。

佑介 ノリさんもそれをわかってるんだよ。でも、検量室ではモニターの前を陣取って、直線で和生や武史がいいところにいると、「行けっ! ほらっ!」みたいな感じで、めっちゃ叫んでるからね。そのときのノリさんは、名手・横山典弘じゃなく、完全にただの親(笑)。

武史 そうやっていつも見てくれていることは、本当にありがたいと思ってます。

佑介 俺から見たら、めちゃくちゃ贅沢なことだからね。あの横山典弘が毎レース見てくれていて、レースが終わったら何気なくアドバイスをくれるなんてさ。家でも競馬の話をするんでしょ?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング