スマートフォン版へ

他馬が止まって見えた6馬身差V、小倉2歳S有力候補が今週も!/丹下日出夫

  • 2019年08月05日(月) 20時01分
クラシックホースを探せ!

▲スーパープレミアムコースご登録でダイジェスト映像がご覧いただけます


【丹下日出夫のPOG手帖】『POGの王道』でおなじみの丹下日出夫が、ダイジェスト映像とともに週末に行われた全2歳戦のなかから、今後クラシック戦線で有力になるであろう若駒たちをピックアップしてご紹介! 今回は小倉で大差勝ちで快時計を記録したエピファネイア産駒が、新潟では上がり3F32秒台と非凡なスピードを披露したハーツクライ産駒がA級評価を獲得。残り1ヶ月を切った新潟・札幌・小倉で行われる2歳重賞に向け、出走すれば面白い有力候補も徐々に揃ってきた印象です!(※評価はS〜Eの6段階)


カーフライターク(牡・エピファネイア×アナスタシアブルー)


■3日(土):小倉5R・新馬/芝1200m/1分9秒1

 小倉1200mは、他の1200mコースよりも前半が速く、3F・33秒4も、格別速くはないけれど、1000m通過は56秒7と、終始ハイピッチで展開。

 道中叱咤しながらの追走とはいえ、直線を向きエンジンがかかると、他馬が止まって見える(笑)。勢いは衰えることなく、後続には6馬身、時計は1分9秒1。開幕週のカイルアコナ(走破タイムは1分9秒1)と、甲乙つけがたい小倉2歳S候補が現れた。

 祖母ライラプスはクイーンC優勝。母アナスタシアブルーは、芝1600〜1800mで2勝。父はエピファネイア、サイズは456キロ。距離はもう1〜2F延長OK。【評価A/適性・芝1400m】

ウーマンズハート(牝・ハーツクライ×レディオブパーシャ)


■3日(土):新潟5R・新馬/芝1600m/1分36秒2

 母の弟サドンストームは京王杯2歳S2着など重賞で数多く馬券圏内に入り、もう一頭の弟ティーハーフは函館スプリントS優勝など現役7勝。
 
 上がり重点ながら、栗東坂路を1F・11秒台で登板してくる。父はハーツ、牝馬で456キロなら

続きはスーパープレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba.comが送る競馬動画配信サービス。ドキュメント・バラエティ・インタビュー・予想など、様々な角度から企画を展開し、“最旬”をとらえたシンプルかつ丁寧なクオリティを追求!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング