スマートフォン版へ

成功例が多いキンカメ×ダンスのホウオウレガシー

  • 2019年08月07日(水) 12時00分
●クァンタムリープ(牡 美浦・鹿戸雄一 父ロードカナロア、母プルーフオブラヴ)

 母プルーフオブラヴは現役時代2勝。繁殖牝馬としてこれまでに9頭の産駒がJRAで走り、5頭が勝ち上がっている。そのうちの1頭リビングプルーフは繁殖牝馬となってからテトラドラクマ(18年クイーンC-GIII)を産んだ。本馬はアーモンドアイと同じ「ロードカナロア×サンデーサイレンス」の組み合わせで、母方にサンデーサイレンスとSeattle Slewを併せ持つロードカナロア産駒はステルヴィオ(18年マイルCS-GI、18年スプリングS-GII)と同じ。

 後者の配合パターンは連対率25.5%、1走あたりの賞金額345万円。ロードカナロア産駒全体の23.4%、231万円を上回っている。前述のとおり同牝系かつ同父系のテトラドラクマが重賞勝ち馬となっており、芝1200〜1600mでいい仕事をしそうだ。

●ゴッドカーヌスティ(牝 栗東・角田晃一 父ロードカナロア、母アクロスザライト)

「ロードカナロア×ネオユニヴァース」はジョーカナチャン(現4勝)をはじめ出走6頭中5頭が勝ち上がっている相性のいい組み合わせ。本馬はデルマウオッカ(現2勝)の半妹にあたる。母アクロスザライトはアイアムネオ(09年フェアリーS-GIII・2着、09年フローラS-GII・4着)の全妹で、現役時代に芝1800mで1勝を挙げた。2代母イクスペクトトゥシャインは「Mr.Prospector×Nureyev」という組み合わせで、これはKingmamboと同じ。

 なおかつ両者は母方の奥にGraustarkを持っているという点で共通している。本馬の父ロードカナロアはKingmambo直系の孫にあたるので、本馬はKingmambo≒イクスペクトトゥシャイン3×2という相似な血のクロスを持つ。この牝系にキングカメハメハ系の種牡馬を掛けた産駒は過去1頭出走し、ルーラーシップ産駒のアイアムジュピターが2勝を挙げている(同馬はKingmambo≒イクスペクトトゥシャイン3×2)。芝向きのマイラーだろう。

●ホウオウレガシー(牡 美浦・栗田徹 父キングカメハメハ、母クラックコード)

 母クラックコードは1勝馬だが、パールコード(16年秋華賞-GI・2着、16年フローラS-GII・2着)、シークレットコード(05年阪神JF-GI・2着)を姉妹に持つ良血馬。2代母マジックコードはバレリーナS(加G3・ダ9f)を3連覇(そのうち2回は国際G3格付け)し、同国の最優秀古牝馬に選出された名牝。ポテンシャルは高い。

「キングカメハメハ×ダンスインザダーク」の組み合わせはラブリーデイ(15年天皇賞・秋-GI、15年宝塚記念-GIなど重賞6勝)、ショウリュウムーン(12年朝日チャレンジC-GIIIなど重賞3勝)、ユーキャンスマイル(19年ダイヤモンドS-GIII、18年菊花賞-GI・3着)などを出して成功している。本馬はスピード色の強いファミリーに属しているので芝1600〜2000mがベストだが、2400mも守備範囲だろう。

●リバティラン(牝 美浦・小桧山悟 父ワールドエース、母ケージーメグミ)

 父ワールドエースは現役時代、マイラーズC(GII)ときさらぎ賞(GIII)を勝ち、皐月賞(GI)で2着となった。ダービーのあと屈腱炎を発症し、長いブランクを経て復帰したものの、それ以後の競走生活は全盛期ほどのパフォーマンスは披露できなかった。新ひだか町のアロースタッドで繋養され、種付け料は50万円と安く、繁殖牝馬の質は決して高いとはいえなかったが、現時点でJRAファーストシーズンサイアーランキングで第4位。上々のスタートダッシュだ。

 最初に勝ち上がったオータムレッドは小柄な牝馬ながら函館の新馬戦(芝1200m)でビアンフェ(函館2歳Sを勝つ)に競り勝っている。本馬はアロマティカス(父ファスリエフ/現2勝)の半妹。母の父キングカメハメハはディープインパクトと好相性を示しているので、ディープの息子ワールドエースとの組み合わせも期待できる。母が持つMr.Prospector 3×4も好ましい。芝・ダート兼用の中距離タイプだろう。

●レオハイセンス(牝 美浦・奥平雅士 父ジャスタウェイ、母レオパステル)

 母レオパステルは芝短距離で5勝を挙げ、アイビスサマーダッシュ(GIII)で4着、阪神牝馬S(GII)で6着と健闘している。その半兄トウカイトリックは同じKingmambo直系なので厳密にいえば4分の3兄。にもかかわらず、妹とは対照的にステイヤーズS(GII)、ダイヤモンドS(GIII)などを勝った生粋のステイヤーだった。2代母ズーナクアは現役時代にアメリカでオークリーフS(G1)など3つの重賞を制覇した名牝。

 本馬は母の2番仔で、父はジャスタウェイ。母は「キングカメハメハ×Silver Hawk」なのでカウアイレーン(10年クイーンS-GIII・3着)と同じ組み合わせで、同馬はステイフーリッシュ(18年京都新聞杯-GII)の母となった。レオパステルも繁殖牝馬として期待できる。「ジャスタウェイ×キングカメハメハ」はアウィルアウェイ(18年京王杯2歳S-GII・2着)と同じ。芝向きのマイラーだろう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング