スマートフォン版へ

【西浦厩舎のこだわり】札幌記念出走のクロコスミアに見る、こだわりの“ストライプ柄メンコ”

  • 2019年08月11日(日) 18時01分
馬ラエティBOX

▲クロコスミアを管理する西浦厩舎の厩舎服カラーの秘密に迫る (撮影:下野雄規)


水色とオレンジ色のストライプ柄のメンコを競馬場で見かけたことがあるという方は多いのではないだろうか。これは西浦勝一厩舎の厩舎カラー。レースの時に着けるメンコだけでなく、栗東トレセンでの調教中に厩舎スタッフが着るジャンパーやベストもこのカラーで統一されている。

厩舎服はトレセンでの勝負服のようなもの。それを見ればどの厩舎か分かるようになっているが、中でも西浦厩舎のそれはパッと見つけやすい。なぜこのカラーにしたのか、さらに西浦調教師と「日本初のある馬のメンコ」との関係とは。

(取材・文:大恵陽子)


メンコと同じデザインの厩舎服


 調教スタンド2階の左端。ここにいつも西浦調教師は座っている。ストップウォッチと双眼鏡片手に見つめる先にいたのは水色にオレンジ色で縁取りされたベストを着た厩舎スタッフと管理馬。

「水色は清く澄んだ色でしょう? それでいいと思いましてね。赤色は激しさがあるから、控えめなオレンジ色を合わせました。開業当初からこのツートーンです」

馬ラエティBOX

▲水色×オレンジ色の厩舎服、夏仕様 (撮影:大恵陽子)


 厩舎カラーを決めた理由をそう説明した。

 冬場はこのツートンカラーのジャンパーが厩舎服。このデザイン、「競馬場で見たことある!」という方も多いのではないだろうか。それもそのはず、西浦厩舎の多くの馬が同じデザインのメンコをレースで着用している。

馬ラエティBOX

▲冬場に着用するツートンカラーのジャンパー (撮影:大恵陽子)

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング