スマートフォン版へ

【騎手の証言、テン乗りと連続騎乗】(第2回) 浜中俊騎手「テン乗りが活きた京都新聞杯、連続騎乗で掴んだダービー」

  • 2019年08月11日(日) 18時02分
ノンフィクションファイル

▲ダービージョッキー浜中騎手が考える、テン乗りと連続騎乗 (C)netkeiba.com


ここ数年でジョッキーの起用法に変化が現れ、テン乗りや乗り替わりが当たり前の時代となりました。それと同時に、1頭の馬に一人のジョッキーが乗り続けることが貴重となり、そのコントラストは年々強くなっています。

その是非はともかく、やはりジョッキーたちのレースに対する向き合い方も変わってきているはずです。そこで今回は、テン乗りと連続騎乗のメリットとデメリットをどう捉え、どう戦っているのか、様々な立場・年代の現役ジョッキー4人を含む5人のホースマンに直撃取材を敢行。それぞれの感性とスタンスを通して、今を戦うジョッキーたちのリアルに迫ります。

第2回目の証言者は、この春、ダービージョッキーの称号を手に入れた浜中俊騎手。テン乗りで結果(2着)を出した京都新聞杯からダービー制覇までの戦いを今一度振り返りながら、浜中流のレースとの向き合い方、そして理想と現実の狭間で揺れる正直な胸の内を明かしてくれました。

(取材・文=不破由妃子)


ダービーでは、前走で乗っていてよかったと思うシーンが多々


──ロジャーバローズとのコンビでは、テン乗りだった京都新聞杯(2着)で賞金加算に成功し、二度目の騎乗となったダービーで見事な勝利を飾りました。この2戦には、テン乗りと連続騎乗のそれぞれのメリットがわかりやすく反映されているような気がするのですが、まずは京都新聞杯での“逃げ”という選択について、その過程を教えてください。

浜中 角居先生からはとくに指示はなかったのですが、僕の頭のなかには最初から“逃げ”という選択肢はありました。その根拠となったのは、レース映像を見た印象だったり、調教で乗った感じだったり。

 逃げられるかどうかはスタートにもよるので、好位で競馬をするというプランももちろん頭にはあったのですが、二の脚が思ったよりも速かったので、これならハナに行こうと。何が何でもというより、馬の前向きなリズムを優先して乗った結果、逃げるという形になったというのが感覚としては正解ですね。

──ロジャーバローズにとって、京都新聞杯が初の“逃げ”。それまで逃げたことのない馬を躊躇なく逃がせるというのも、テン乗りのメリットだったりしますか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング