スマートフォン版へ

園田で破竹の連勝劇、ヒダルマが12連勝をかけ重賞・摂津盃へ!

  • 2019年08月13日(火) 18時00分
馬ニアックな世界

▲園田で破竹の11連勝と勢いに乗るスクリーンヒーロー産駒のヒダルマ


「夏は上がり馬」「夏は格よりデキ」。夏競馬にはさまざまな格言がありますが、“上がり馬度”が地方競馬ナンバー1と言っても過言でない馬が園田・姫路競馬にいます。JRAから転入後、無敗の11連勝中のヒダルマ(牡4)。

今週16日(金)、重賞・摂津盃に出走予定で、これを勝てば兵庫では初めての12連勝馬(※)となります。記録のかかった摂津盃を前に、ヒダルマとはどんな馬なのか、またなぜ地方競馬で連勝馬が多く生まれるのか、「ちょっと馬ニアックな世界」を覗いてみましょう。

※サラブレッド導入以降


12連勝=ディープインパクト級?


 昨年10月、JRA未勝利のヒダルマが園田競馬場で転入初戦を迎えました。JRA時代は15戦中7戦で地方騎手を背に迎えるなど地方競馬と繋がりがあった同馬。転入初戦は2番手から3コーナー手前で余裕の手応えで先頭に並びかけると、直線で後続を突き離して初勝利を挙げました。

 続く2戦目はクラスも距離も前走と同条件。JRAでは1つ勝てばクラスが必ず1つ上がりますが、地方競馬は一概にはそうとは限らないのです。園田・姫路競馬で導入されているのは「ポイント制」。賞金のようなもので、1〜5着に入着するとポイントが与えられます。どれだけのポイントを持っているかによってクラス分けがされ、1勝しただけでは昇級しない場合もあります。(さらに言えば、2カ月に1回のクラス再編成により、降級も発生します)

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング