スマートフォン版へ

S級近いポテンシャルに武豊騎手も思わずにんまり!?/丹下日出夫

  • 2019年08月12日(月) 20時01分
クラシックホースを探せ!

▲スーパープレミアムコースご登録でダイジェスト映像がご覧いただけます


【丹下日出夫のPOG手帖】『POGの王道』でおなじみの丹下日出夫が、ダイジェスト映像とともに週末に行われた全2歳戦のなかから、今後クラシック戦線で有力になるであろう若駒たちをピックアップしてご紹介! 今週は近親に実績馬を持つ若駒が続々と! 武豊騎手がレース後に笑みを浮かべるほど(?)のポテンシャルを感じさせたブラックタイド産駒や重賞どころかクラシックへも期待が広がる走りを見せたエイシンフラッシュ産駒など、今週は計6頭をプレイバックしていきます。(※評価はS〜Eの6段階)


ココロノトウダイ(牡・エイシンフラッシュ×フェアリーダンス)


■10日(土):新潟3R・未勝利/芝1800m/1分47秒9

 エイシンフラッシュ産駒は、芝かダートで1勝はするものの、2勝目が遠い。シルエットはきれいだが、どうも薄い仔が多い。

 そういう中での産駒3年目、去年のセレクトセール。母系はトゥザヴィクトリー一族。幅があって、歩きに推進力があり、臀部も大きい。いやこれは、今までのエイシンフラッシュ産駒とはちょっと違う。いい買い物したなぁと、一人思っていたが、名前はココロノトウダイ。このネーミングは泣けるねという人もいるかもしれない。

 なんて、デビュー戦は福島・芝1800m。512キロは、なんだか重い。ダッシュひと息、小回りのスロー。追い込み届かずの2着に終わったが、加速ラップで34秒7。フラットコースとはいえ、福島1800mの新馬では、めったにお目にかかれない上がりをマークしていた。

 叩き二戦目、マイナス8キロ。61秒1の緩ペースにも今日は余裕をもって前が見えている。外回り1800mはコーナーリングもスムーズ。11秒5-11秒0-12秒1(3Fは34秒6)というレースラップを

続きはスーパープレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba.comが送る競馬動画配信サービス。ドキュメント・バラエティ・インタビュー・予想など、様々な角度から企画を展開し、“最旬”をとらえたシンプルかつ丁寧なクオリティを追求!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング