スマートフォン版へ

【北九州記念】毎年考えるのはアイビスサマーダッシュのトラックバイアス

  • 2019年08月13日(火) 18時00分
馬場虎太郎

昨年は菱田裕二騎手騎乗のアレスバローズが重賞連勝を決めた。


「ウマい馬券」で4年連続プラス収支(回収率100%超)を叩き出す馬場虎太郎氏が、トラックバイアス(=馬場の偏り)をもとに馬場を分析。その結果をベースに週末のレース傾向を展望し、主に日曜メインレースの「注目の1頭」を紹介していく。トラックバイアスを加味した最終決断はウマい馬券にて公開予定。

トラックバイアスからの狙い目はアイビスSDで内枠だった馬


 北九州記念はサマースプリントシリーズの4戦目。例年、2戦目のCBC賞か3戦目のアイビスサマーダッシュを使っている組が出走馬の大半を占める。

 そして、凡走から巻き返して穴を出す馬が多いのは、アイビスサマーダッシュ組。

 アイビスサマーダッシュの行われる新潟芝直線1000mは圧倒的に外枠が有利。内枠に入ってしまった時点で、能力を発揮するのが困難になる。

 2017年も「前走アイビスサマーダッシュ」で1枠に入り9着と「トラックバイアスの不利」で敗れていたナリタスターワンが北九州記念では2着に巻き返した。14人気まで人気が落ちたのはおいしかった。

 同じくアイビスサマーダッシュでは2枠に入って「トラックバイアスの不利」で6着に敗れていたラインスピリットが15番人気で3着。アイビスサマーダッシュ組の人気薄が3着内に2頭好走して波乱を演出した。

 競馬は「トラックバイアスの不利」を狙えば儲かることを知っている人はおいしい馬券を手にした人も多いだろう。今年もアイビスサマーダッシュで「トラックバイアスの不利」を受けた馬を積極的に狙う。

前走アイビスSD組から北九州記念で恵まれそうな馬を狙う


 今年の特別登録馬で、前走アイビスサマーダッシュ組は4頭。内枠(3枠より内)に入っていたのはラブカンプー、ダイメイプリンセス、ナインテイルズの3頭。

 この3頭の中で、より北九州記念で恵まれそうな馬を狙うべきだが、当コーナーの掲載は火曜。当コーナーでは1頭を取り上げる趣旨なのでダイメイプリンセスを取り上げる。

 ダイメイプリンセスは昨年のアイビスサマーダッシュを優勝。8枠から流れにのる理想的な形だった。

 しかし、今年は1枠。スタートから下げて後方に位置取り。枠順の違いにより、自分のリズムでレースができなかった。

馬場虎太郎

今年のアイビスSDでは自分のリズムでレースが出来なかったダイメイプリンセス(撮影:下野雄規)


 また、2走前の鞍馬Sもトラックバイアス「内有利」。7枠に入り凡走。

 3走前の高松宮記念も「超内が有利」なトラックバイアス。内を通った馬、内枠が上位を独占して大波乱になったレース。このレースもダイメイプリンセスは8枠から終始外を通る形では絶望的だった。

 もちろん北九州記念もトラックバイアスの不利を受ける可能性はあるが、今回不利を受けない状況であれば巻き返すだろう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

トラックバイアス(馬場の偏り)を利用した馬券術を用いる馬場分析のプロフェッショナル。JRA発表の馬場状態ではなく独自の指標(※)を用いて真の馬場適性を分析、またパトロールビデオと綿密なデータ分析によって「トラックバイアスの不利」を受けた馬を導き出す。 ※「軽い」「稍軽い」「標準」「稍重い」「重い」の5段階で馬場状態を評価

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング