スマートフォン版へ

【横山武史×藤岡佑介】第4回『GI初騎乗がダービー リオンリオン騎乗の舞台裏』

  • 2019年08月14日(水) 18時02分
with 佑

▲GI初騎乗がダービー、リオンリオン騎乗の舞台裏とは (撮影:山中博喜)


横山武史騎手をゲストにお迎えして対談。第4回の今回は、今年のダービーで大いに注目を集めた「リオンリオンの騎乗」について。父・横山典弘騎手の代打で、自身にとってはGI初騎乗。さぞかし緊張するかと思いきや、「レース自体に悔いは残さなかった」ときっぱり。「いねーよ、そんな若手(笑)」と佑介騎手も驚く、メンタルの強さに迫ります。

(取材・文=不破由妃子)


父からは細かい指摘はあれど「レース全体としてはよかった」


──フォームの改革が起爆剤となったのか、今年は1回小倉開催でリーディングを奪取。続く1回新潟でも開催リーディングに輝き、デビュー3年目にして大きな波を引き寄せました。

佑介 若手が注目を集めるための開催だと思うので、武史のように飛び出してくる若手がいるのはいいですよね。武史だって狙ってたでしょ?

武史 はい、狙ってました。でも、小倉でいうと、去年は2勝しかできなくて。だから最初は去年の数字を超えられたらいいなぁと思っていたんですけど、2週目からポンポンと勝つことができて、リーディングを狙える位置につけられたので。そこから(リーディングを)意識し始めた感じですね。

佑介 小倉、新潟と連続でリーディングを獲ったのはインパクトがあったよな。

──それはもちろんですが、たしか佑介さんは1年目に開催リーディングを獲ったような…。

佑介 はい。デビューした年の5月に新潟リーディングを獲りました。

武史 1年目!? 佑介さん、化け物ですね!

佑介 そんなことはないです(苦笑)。

with 佑

▲1年目に開催リーディング、武史騎手「佑介さん、化け物ですね!」 (撮影:山中博喜)


──連続リーディングで波に乗ったところで舞い込んできたのが、リオンリオンへの騎乗依頼。GI初騎乗がダービーなんて、さぞかし緊張しただろうな…と思っていたのですが、実はそうでもなかったとか。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング