スマートフォン版へ

【キーンランドC】タワーオブロンドン、文句なしの迫力

  • 2019年08月18日(日) 18時00分
中央所属馬のレース1週前調教をレポート。1週前から各馬の状態をチェックしておくことは馬券的中に欠かせません。

アスターペガサス
 勝ち気な気性で滞在効果は大きい。前走時同様に函館Wで調整されており、回転の速いピッチ走法でキビキビした動きを披露。引き続き状態は高いレベルで安定。

ダノンスマッシュ
 函館SSを除外の憂き目にあったが、しっかりとケアしここに向けて順調な調整。馬なり中心ながら馬体の仕上がりは良く、機敏な動きで好気合。影響はない。

リナーテ
 前走時は札幌だったが、今回は函館Wで調整。レース10日後にしっかりと負荷を掛けており、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング