スマートフォン版へ

北九州記念は「サンデーに勝るとも劣らない“名血”」に注目

  • 2019年08月16日(金) 19時00分

「血統の価値」も要求される「能力の方向性」によって変わる



サマー2000シリーズの予想をウマい馬券で公開中!
函館記念、小倉記念も連続的中!
インターナショナルSの予想も公開予定!

 JRAの芝コースにて1000mのレコードホルダーはカルストンライトオ。父はウォーニングで母父がクリスタルグリッターズ。

 1200mはアグネスワールド。父はダンチヒ。母父はシアトルスルー。

 1400mはマグナーテン。こちらも父はダンチヒ。母父はルネンジョーン。

 この3頭のレコードホルダーは、いずれも「JRAダービー」で必須ともいえるサンデーサイレンスの血も持ちませんし、キングマンボの血も持ちません。

 また、3頭がレコードを出した競馬場はいずれも直線が平坦なローカルコース。

 能力の方向性は一定ではありません。したがって、能力の方向性の「設計図」である「血統の価値」も要求される「能力の方向性」によって変わります。

 平坦短距離コースでスピードの持続性を競う場合にはサンデーサイレンスやキングマンボにも勝るとも劣らない「名血」がいる。そう考えることもできましょう。

 モズスーパーフレアの父はスパイツタウン。その父はゴーンウェスト。同父系はダート短距離のレコード御用達血統。ダート1400mのレコードを出したマテラスカイもスパイツタウン産駒。ダート1200mのレコードを出したビクトリーテツニーもゴーンウェスト産駒。

 さらに、モズスーパーフレアの母父はダンチヒ系。JRAの芝1200、1400、1600のレコードホルダーはすべてダンチヒ系。

 モズスーパーフレアは芝のレースで「ダートのようなパワーも要求されるがタイムは速い馬場」を得意とするのも、父がダートの高速馬場御用達。母父系がローカル芝の高速決着御用達の系統。さらにサンデーサイレンスも持たない馬。ということも深い関係がありそうです。

 前走は、レース前にも指摘しましたが「○×のダンチヒの法則」で反動が出たレース。

 ミラアイトーンはオセアニアのように「パワーも要求される高速馬場」の「短距離レース」で世界レベルの名血。オセアニアや香港(生産馬がほとんどオセアニア産)の芝短距離は「硬質なスピードの持続性」のレベルが日本の芝馬よりも相対的に高い国。

 父ロンロはオーストラリアの名種牡馬。父はサートリストラム系。「オセアニアのサンデーサイレンス系」とも呼ばれる系統。オセアニアではサートリストラム系は日本のサンデーサイレンス系のような影響力があることと、祖先は同じターントゥ系というのもその所以。

動画チャンネル「血統の教室」公開中 血統のカリスマ・亀谷敬正が血統にまつわるギモンに一発回答!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング