スマートフォン版へ

【横山武史×藤岡佑介】第5回『今はまだまだですけど、最終的には父を負かします!』

  • 2019年08月21日(水) 18時02分
with 佑

▲佑介騎手が大絶賛の武史騎手、最終回ではどんな素顔が飛び出すのか (撮影:山中博喜)


佑介騎手大絶賛の“ジョッキー・横山武史”。様々なトークで盛り上がった対談も、今回がいよいよ最終回です。ラストのテーマは「武史騎手の5年後、10年後」について。馬との向き合い方、騎乗法、海外遠征…今の正直な本音を明かします。そして対談の最後には、ビッグなご報告が! ぜひ、最後までお見逃しなくご覧ください。

(取材・文=不破由妃子)


減量が取れてからより、取れる前こそが勝負


──飛躍の3年目を驀進中の武史さんですが、ご自身の5年後、10年後はどう描いていらっしゃいますか?

武史 ジョッキーたる者、トップを目指しているのは当たり前のことなんですけど、それと同時に、どんな馬でも乗りこなせるジョッキーになりたいです。人気に応えることもジョッキーの仕事ですけど、人気がない馬をどれだけいい着順に持ってこられるかも大事な仕事だと思うので。

佑介 だとしたら、目指すはやっぱりヨーロピアンとアメリカンの二刀流だな。

武史 そうですね。その馬に合った乗り方ができるのが一番の理想ですから。

佑介 武史は本当に馬に乗るのが好きだよね。武史を見ていると、それがすごくわかる。函館は滞在競馬だから気性に問題がある馬が多いけど、武史は馬が暴れても楽しそうに笑ってるもんな(笑)。馬が好きで、ちゃんとその馬を感じて乗っているから、自然とそうなるんだろうなって。

 この前も、気性が難しいといわれている馬に武史が近づいていくのを見ていたんだけど、案の定、馬は体をグッと硬くして構えていて。武史はそれをすぐに察知して、「ちょっと動かしてください」ってお願いしてたよな。

 で、馬の首を触って、背中をポンポンと叩いて、歩かせながらフッと乗ったら馬も力を抜いて歩き出してさ。何も考えずに近づいてポンと乗ったら、ひっくり返っていてもおかしくない状況だった。大したもんだなと思って見てたんだよ。

with 佑

▲武史騎手の馬との接し方を見ていて「大したもんだなと思った」と佑介騎手 (撮影:山中博喜)


武史 僕自身は、あまり意識していないんですけどね。でも、たしかに小さい頃から馬を触るのがすごく本当に好きでした。実は今日の午後も厩舎で馬を触っていたんですけど、しつこくしすぎたみたいでガッツリ噛まれましたけど(苦笑)。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング