スマートフォン版へ

【京成杯AH】シャープな切れ味を発揮したトロワゼトワル

  • 2019年09月01日(日) 18時00分
中央所属馬のレース1週前調教をレポート。1週前から各馬の状態をチェックしておくことは馬券的中に欠かせません。

キャプテンペリー
 帰厩して間もないが追い切りはしっかりと動くタイプ。走りやすいポリトラックで最後まで勢いは十分。ただこの馬の本来の迫力からすると物足りない。

プロディガルサン
 うるさい面がなく体つきも実にシャープ。走ることにも集中ができており、坂路でカレンブーケドールを寄せ付けない鋭さ。攻め動くタイプで文句なし。

ロードクエスト
 坂路を軽く一本乗った後、ハロー明けを狙って併せ馬。チークを着用して序盤から

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング